ソーシャルレンディング登録申請代行


■サービス報酬

  • ソーシャルレンディング登録申請代行報酬

    ・1,000,000円(税別)~

    M&Aの仲介、M&AのFA(ファイナンシャル・アドバイザー)、他の金融機関との
    アライアンスにも対応しております。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■ソーシャルレンディングとは


ソーシャルレンディングとは、インターネット上で、お金を貸したい人とお金を

借りたい人を結びつける金融サービスで、貸付型クラウドファンディングと呼ばれ

ています。


ソーシャルレンディングには、第二種金融商品取引業登録が必須となります。


ソーシャルレンディングの募集取り扱いを行う事業者は、金融商品取引業者(金商業者)

と呼ばれています。


金融商品取引業者(金商業者)が運営するソーシャルレンディングファンドを大別

すると、下記の種類に分類できます。


・事業性資金ソーシャルレンディングファンド
※各種事業者資金を貸し付けたい投資家を募集して、様々な事業者に資金を貸し付ける
貸付型クラウドファンディングです。

・不動産ソーシャルレンディングファンド
※不動産開発やリノベーションを専門とする不動産事業者に資金を貸し付けたい投資家を募集して、様々な不動産事業者に資金を貸し付ける貸付型クラウドファンディングです。

・再生可能エネルギーソーシャルレンディングファンド
※太陽光発電、バイオマス発電、水力発電、風力発電、地熱発電等の再生可能エネルギー事業者に資金を貸し付けたい投資家を募集して、様々な再生可能エネルギー事業者に資金を貸し付ける貸付型クラウドファンディングです。

・個人ローンソーシャルレンディングファンド
※個人に資金を貸し付けたい投資家を募集して、資金不足に悩む個人に資金を貸し付ける貸付型クラウドファンディングです。



ソーシャルレンディングも金融サービスですが、金融とは、お金の流れやお金の貸し

借りのことであり、経済にとって金融は、人間の体に例えると血液のようなので、

経済の血液である金融が動脈硬化を起こしたりすることは、経済にとって重大な病気

を発症するようなものなのです。


この金融を事業として行っている企業には銀行・証券会社・生命保険会社・損害保険会社

などがありますが、銀行や証券会社などは、社会のお金の流れを円滑にするインフラで

あり、お金の貸し借りをする機能も備えているので金融業と呼ばれ、ファイナンス

(finance)とは、金融という意味です。



また、金融のお金の貸し借りは、企業の財務活動にとっては欠くことが出来ない重要な

機能ですが、この企業の資金調達には、直接金融と間接金融があり、更に、直接金融

(直接金融とは、直接投資家から資金調達すること)と間接金融(間接金融とは、企業が

銀行等の金融機関から資金調達すること)は、エクイティファイナンスとデットファイ

ナンスに区分することができます。


ソーシャルレンディングは、直接金融に該当します。


なお、ソーシャルレンディングを事業化するには、金融庁をはじめとした、複数の

行政機関の許認可(第二種金融商品取引業等)の取得が必要となりますので、事業の準備

に着手してから、事業を開始できるまでは最低6ヵ月以上の期間が必要となります。


■サービスの対応地域


弊所のソーシャルレンディング登録のサポート地域は、東京都、千葉県、 埼玉県、

神奈川県だけでなく、全国対応とさせて頂いておりますので、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


ソーシャルレンディング登録を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にご相談ください。