興行場営業許可申請代行


■サービス報酬

  • 興行場営業許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

    ※弊所では、興行の許可とともに必要になる場合がある、飲食店営業許可
    風俗営業許可にも対応しております。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■興行場とは

興行場法においては、興行場は、下記のように定義されています。


  • 第一条  

    この法律で「興行場」とは、映画、演劇、音楽、スポーツ、演芸又は観せ物を、
    公衆に見せ、又は聞かせる施設をいう。


上記に示されているような観せ物を反復継続して、公衆に提供する場合には、

興行場営業許可を取得する必要があります。


興行場法条文に含まれている以外で、興行に該当するものは、クラブ(DJ)、

JAZZバー、イベントホール、ライブハウス、ライブホール、サーカス、お化け屋敷、

プロレス、総合格闘技、大道芸などが該当します。


これらの興行に該当する業態でも、店内で飲食を提供したり、店内の空きスペースで、

ライブなどの演奏に合わせて、お客さんが踊ったりすることを前提とする業態は、

飲食店営業許可や風俗店営業許可が必要になります。


飲食店等が、ライブ演奏などを継続して提供する場合は、興行許可を取っていなければ、

無許可営業となり法令違反です。


実際に、警視庁は、見学クラブを秋葉原で無許可営業をしたとして、興行場法違反容疑

で摘発をしています。


興行場の種類は、下記の通りです。

興行場の種類

  • 常設の興行場

    ・臨時の興行場と仮設構造の興行場以外の興行施設

  • 臨時の興行場    

    ・興行場以外の用途の既存建物を短期間だけ興行を行う施設

  • 仮設構造の興行場 

    ・天幕張り、簡易なプレハブ構造の建物等で短期間だけ興行を行う施設


最近、東京23区内において、女性の着替え等をのぞき見させるようなお店に保健所の

調査が入り、興行の許可を取得するように指導されるケースが増加しているようです

が、このような性的サービスに該当する可能性があるグレーゾーンの興行は、興行場法

における、興行に該当しない可能性が高いので、興行の許可を取得しても、

無駄になる確率が高いので、要注意といえます。


興行場のビジネスをはじめる場合は、事業所を管轄する保健所の許可を受ける必要が

あります。


また、興行場の営業者は、事業の変更、事業の休廃止、会社の相続、合併、分割承継が

あった場合などは、保健所へ、変更届、承継届、廃止(停止)届などの届出が義務づけ

られています。


また、企業においては、福利厚生の一環で、会社内に無料の映画鑑賞室を

設けている場合がありますが、このような施設に関しては、例え、無料であっても、

興行場法の適用を受ける、興行場とみなされます。


興行場の営業許可の要件は下記の3点です。

興行場の営業許可要件

  • 設置場所の要件

    ・排水不良の場所、ごみに類する物で埋め立てらた土地等の場所でないこと

  • 構造設備の要件

    ・ねずみ、昆虫等の浸入を防止でき、容易に清掃可能な構造又は設備であること

  • 衛星措置の要件

    ・興行場は、毎日清掃し、損傷箇所は随時補修して、換気照明設備などを定期的
    に保守点検できること


上記の要件をクリアしなければならない、許可がおりることはありません。


また、興行場は、換気、照明、防湿及び清潔その他入場者の衛生に必要な措置を

講じる必要があり、これらの基準については、各都道府県の条例にて定められて

いますので、基準の内容は、各地域で、異なる場合があります。


興行場の設置場所が、特殊建築物に該当する場合は、消防法に基づく、

消防法令適合通知書交付申請も必要になります。


なお、防火対象物工事等計画届出や防火管理者選任届出も要確認です。


■許可申請の流れ

許可の手続きの流れは下記の通りです。

許可申請フロー

  • 事前相談

  • 申請書作成、添付資料準備

  • 関係機関への相談手続き

  • 施設の検査

  • 許可

  • 営業開始


許可申請時に必要な書類

  • 興行場営業許可申請書

  • 消防法令適合通知書

  • 半径300 メートル以内の道路、河川、住宅等が記載されたもの見取図

  • 建物配置図

  • 各階平面図

  • 観覧いすの配置図

  • 喫煙所の設置場所を示す図面

  • 電気設備の配置及び配線を明らかにした図面

  • 換気設備の配置及び系統を明らかにした図面

  • 給排水設備の配置及び系統を明らかにした図面

  • 登記事項証明書(法人のみ)


検査時に必要な書類

  • 建築基準法 に基づく検査済証の写し(施設完成後、検査時に確認)



■許可取得後に必要な届出

興行場の営業者は、営業者自身や施設に関することなどの、下記の事項に該当する場合

は、届出が義務づけられています。

変更届

  • 営業者の住所や氏名の変更

  • 施設名称の変更

  • 管理者の変更

  • 興行場の種別変更

  • 構造設備変更

  • 小規模な増改築


承継届

  • 営業者である個人が死亡し相続をした場合

  • 営業者である法人が合併又は分割により承継した場合


廃止(停止)届

  • 営業を廃止又は停止した場合



■サービスの対応地域

弊所の興行場営業許可申請のサポート地域は、基本的に、東京23区限定ですが、

東京都のその他の地域、千葉県、埼玉県、 神奈川県、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


興行場営業許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の

場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所に お気軽にご相談下さい。