郵便切手類模造等許可申請代行


■サービス報酬

  • 郵便切手類模造等許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■郵便切手類模造等の許可とは


郵便切手類模造等の許可とは、日本郵便株式会社又は外国の郵便切手その他郵便に

関する料金を表す証票に紛らわしい外観を有する物を、製造し、輸入し、販売し、

頒布し、郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票の用途に使用する際に、

必要な許可のことです。


郵便切手類の模造等をする場合は、総務大臣の許可を受ける必要があります。


手続根拠法は、郵便切手類模造等取締法第1条第2項です。


郵便切手類模造等許可基準は、下記の通りです。


郵便切手類模造等許可基準

  • 模造切手類の料金額の部分に、模造切手類又は模造切手類が印刷された紙等に使用されているものと同一の刷色を使用し、かつ、太さ0.23ミリメートル以上の2条の線で加刷方式によらないで明りょうに抹消表示が施されたもの

  • 多角形以外の模造切手類の印面に、模造切手類又は模造切手類が印刷された紙等に使用されているものと同一の刷色を使用した太さ0.23ミリメートル以上の斜線又は弧線が、加刷方式によらないで明りょうに表示されているもの

  • 模造切手類を掲載する物の使用目的、形態等により、分離して使用されるおそれがないと認められるものであって、郵便切手類の印面の各辺の長さのそれぞれ4分
    の3以下又は2分の3以上の大きさに縮小され又は拡大されたもの。ただし、紙質が日本工業規格P0202B列本判1,000枚あたり100キログラム以上のものであることを条件に、原色、原寸のものであっても、特に許可する

  • 郵便切手類の印面の8分の1以上を欠いて印刷してあるもの

  • その他郵便切手類の信用の維持に支障を及ぼすことなく、かつ、その行使による郵便切手類の偽造に関する犯罪を生ずるおそれがないと認めるもの



仕様

  • 材質、印刷方式及び刷色

    ・コート紙
    ・A列本判1,000枚あたり○○㎏(B列本判換算1,000枚あたり○○㎏相当※1)
    ・オフセット印刷(4色)

    ※1重量が100kg以上であること

  • 大きさ

    A4判(縦○○mm×横○○mm)

  • 対象とする郵便切手類の名称及びこれに対する縮小又は拡大の比率

    ・クリスマス切手(○○年 ○○国発行、**ドル)原寸の70%に縮小して印刷※2
    ・昆虫切手(○○年 **円)原寸の160%に拡大して印刷

    ※2倍率が75%以下、又は150%以上であること

  • 許可年月日及び許可番号の表示希望場所

    ・模造切手類掲載ページ下部余白(掲載が1ページのみの場合)
    ・奥付(模造切手類掲載が2ページ以上にわたる場合)



■許可に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。

許可に必要な書類

  • 郵便切手類模造等許可申請書

  • 製品見本

  • その他総務大臣が指定した書類



■サービスの対応地域


弊所の郵便切手類模造等許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


郵便切手類模造等許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。