予測財務諸表作成方法


■予測財務諸表とは


予測財務諸表とは、企業において、単年度経営計画や中期経営計画などの経営計画

利用する予算のバランスシート損益計算書、キャッシュフロー計算書のことです。


予測財務諸表は、予想財務諸表や予算財務諸表又は、見積財務諸表とも呼ばれています。


企業予算の作成といえば、予測財務諸表を作成することを意味しており、

この計画は、財務計画とも呼ばれ、企業にとってのあるべき姿を客観的

な数値で示した総合予算です。


事業をはじめる場合に、行政機関の許可を得る必要がある業種の中には、

申請書類として、事業計画が必須の場合がありますので、営業許可申請の際にも、

予測財務諸表が必要な場合があります。


この予算財務諸表の作成スキルは、経理部財務部経営企画部に所属する方に

とっては、必須のスキルです。


予算作成の実務経験が無い方は、「はじめての予算作成」の頁を御覧ください。


また、予想財務諸表を作成する主なケースとしては、自社の経営計画を策定する際や

企業に投資をする際です。


自社や投資先の定性分析と定量分析を行なった後に、将来の姿を客観的に示す必要

がある場合に、予測財務諸表を作成する必要があるわけです。


この予測財務諸表を作成していれば、予想財務諸表と企業の現状の財務諸表を

比較する予算実績管理をすることで経営問題と経営課題が顕在化します。


このように、企業における、あるべき姿と経営問題は、

切っても切れない関係といえます。


なお、予算財務諸表を作成する前には、財務戦略の策定が必要となりますが、

財務戦略の作成方法をご存知ない方は、「財務戦略の考え方」の頁を御覧ください。


■予測財務諸表作成前の事前準備と調査


予測財務諸表を作成する前には、最初に、外部環境の分析と内部環境の分析

をする必要があります。


外部環境の分析とは、経済環境や市場環境のマクロ分析と競合企業の

ミクロ分析のことです。


内部環境の分析とは、自社のサービス・商品・組織・社員・財務などの

分析をすることです。


事業活動をする上でのリスクや自社の強みと弱みを把握し、予算財務諸表の前提条件

である経営戦略を作成し、マーケティングにより、ターゲットクライアントを明確

にして、予測貸借対照表、予測損益計算書、予測CF計算書の作成に入ります。


■予想財務諸表の作成方法のポイント


予想財務諸表を完成させる為には、様々な前提条件や経常予算・資本予算を

最初に作る必要があります。


この経常予算や資本予算には、現状の経営問題を解決する為の対策を反映

する必要があり、その対策の一例としては、例えば、過剰在庫を、適正在庫

まで落とす為には、どのような販売サイトの計画で、どれくらいの仕入を

するべきかなどがあります。


また、予測財務諸表を作成する為には、資金計画は必ず必要です。


資金計画とは、次期事業年度で投資する資産の金額と、その投資に必要な資金を

どのように調達するかを決定する計画です。


ちなみに、投資する資産の金額とは、設備投資だけを指しているのではなく、

運転資金などの資金の流出を伴う資産全般のことです。


予測財務諸表の作り方の大まかな手順は下記の通りです。


①売上見込みの計画

②売上に必要な設備投資計画や人員計画

③事業活動に必要な経費(変動費・固定費)の計画

④売上債権の回収サイトの計画

⑤仕入債務の支払サイトの計画

⑥棚卸資産の回転期間の計画

⑦最低保持すべき現預金残高の策定

⑧資金調達額の計画

⑨支払利息の計画


■予測損益計算書


予想財務諸表を作成する際は、予算損益計算書(PL)作成から始めます。


予算の損益計算書(PL)は、作成された経験のある方がほとんどだと思いますが、

単年度経営計画や中期経営計画において、損益計算書の作成だけで終わっていませんか?


もし、単年度予経営計画や中期経営計画を作成する際に、損益計算書のみの

予算の作成となっているなら、企業の財務計画としてはお粗末な内容ですし、

損益予算は、総合予算の一部にすぎないのです。


ご存知のように、貸借対照表(BS)と損益計算書の各勘定科目は密接に

結びついています。


損益計算書の売上高を大きくしようとすると、貸借対照表の項目である資金や設備の

制約を受けます。


また、机上の計画だけで売上高の大きな予算の損益計算書を作成しても、

現実のビジネスでは、大きな売上高を実現する為には、その実現の為に必要

な資金と設備が必ず必要になり、すぐに机上の計画である損益計算書の計画

は破綻します。


■予算損益計算書(PL)作成の目的


予算損益計算書(PL)の作成目的は、企業の目標とする収益を示すことです。


予算の損益計算書を作成しなければ、予算の貸借対照表やCF計算書を作成できません。


予算の損益計算書を作成することは、正確な財務計画を作成するスタートライン

となり、予算の損益計算書を作成していれば予算実績管理もすることができます。


また、 在庫を圧縮できれば、在庫の保有コストも削減でき、利益の改善に繋がりますが、

在庫を減らす計画を作りたい場合は、当然、予算貸借対照表が必要です。


そして、製造業の場合、予算損益計算書(PL)の作成には、製造予算の作成も

含まれています。


製造予算を作成することは、製品の予定原価を設定することであり、製造予算

を作成していれば、目標の製造原価である予定原価と実際の原価を比較する

ことで、製品の生産活動の課題が明確になり、ムダをなくす原価低減活動に

活かすこともできます。


■予測損益計算書作成方法のポイント


売上高や経費に関しては、経営戦略を基に、交差比率等を考慮して、売上高の計画や

経費の計画等が作成されている為、それらの計画に基づき、予測損益計算書を作成

することになります。


この予測損益計算書作成方法の最も重要なポイントは、売上高の根拠です。


売上高の計画数値を決定するだけなら誰でもできますが、第三者に、売上高の

計画数値の根拠を尋ねられたら、どのように説明しますか?


例えば、その第三者が銀行なら、売上高の計画数値に、何の根拠も無いことが

分かった場合は、融資獲得の可能性が一気に下がることは間違いありません。


ゆえに、経営戦略をどのように策定するのかが問われるわけです。


この経営戦略策定のスタートラインは、内外環境分析にありますから、

社内外の環境をどのように調査分析するかが、経営戦略の質に直結するわけです。


また、予想損益計算書の構成要素の1つである仕入計画を作成する際は、

適正在庫を実現する「仕入高」とするのが、財務の常識です。


製造予算の作り方としては、製品別に、生産量、原材料在庫、仕掛品在庫、

製品在庫、製品製造原価を作成し、製品の生産量は、製品の適正在庫を実現

する生産量にて計画を作成することになります。


尚、予算貸借対照表や予算キャッシュフロー計算書の作成途中で財務バランスや

資金繰りの状態次第では、再度、予想損益計算書の売上高の計画や

経費の計画は見直す場合があります。


■売上高や売上総利益率の決め方


売上高の計画値を決定する際に、前年の10%増しという決め方や、

自社が参入しているマーケットの市場規模が1000億円なので、

マーケットシェア目標10%という決め方で、売上高の計画値を

決定していませんか。


また、売上総利益率の計画値を決定する際に、実績の粗利益率より、

数%改善させるという決め方で、売上総利益率の計画値を決定していませんか。


大半の企業では、上記のような適当な決め方で、売上高や売上総利益率の計画値

を決定していますが、このような決め方は、企業の予算として妥当なので

しょうか?


当然、このような全く根拠のない売上高や売上総利益率の決め方が、

妥当な計画値の決定方法とはいえません。


売上高や売上総利益率の計画値は、企業予算の要ともいうべき最も重要な

項目です。


その最も重要な項目を、全く根拠のない決め方で決定すれば、予算自体の信憑性が

失われかねません。


例えば、銀行から融資を受ける為に財務計画を提出して、銀行から次のような質問を

された時に、皆さんは、どのように説明しますか?


「来期の売上が、今期より30%増える計画になっている理由を教えてください」

「来期の売上総利益率が、今期より5%改善する計画になっている理由を教えてください」


上記のような質問に対して、「売上は、今期の30%増しで決めています」や

「売上総利益率は、今期より5%改善したいからです」と説明したら、銀行の融資担当者

は、どのように思うでしょうか。


おそらく、銀行の融資担当者は、この会社は、適当に予算を作成していると

判断するはずです。


要するに、このような何の根拠もない決め方では、予算の信憑性が全くない

といえますし、この会社には、経営者を含めて、誰も経営を理解している人が

いないと思うはずです。


よって、売上高や売上総利益率の決め方に必要なことは、財務計画の根拠を

明確にすることなのです。


財務計画の根拠が何か分からない方は、「経営戦略の基礎知識」の頁をご覧ください。


■予測貸借対照表


予算の貸借対照表とは、理想のバランスシートであり、

バランスシートのあるべき姿です。


予算の貸借対照表(BS)を作成することは、財務を強化する為には

必要不可欠なことです。


この予算の貸借対照表は、利益計画、在庫計画、運転資金計画、設備投資計画、

財務バランス改善計画を作成することで完成するものです。


また、予算貸借対照表の作成をしていれば、在庫や運転資金の増加の原因がどこに

あるのかを直ちに特定して、その予算と実績のギャップの原因である課題を

撃退する改善策を施すことができます。


そして、予算貸借対照表を作成するには、回転期間と回転率の仕組みの理解

が欠かせません。


このように、会社の経営計画で損益計算書(PL)のみの作成となっていれば、

財務を強化することは不可能ともいえ、財務の強化には、予算貸借対照表を

作成することが必要不可欠です。


■予算貸借対照表(BS)作成の目的


予算貸借対照表(BS)作成の目的は、企業の財務体質を強固にすることです。


財務体質を強固にできれば、競合企業が次々に脱落していくような厳しい

経済状況でも、最後まで生き残る可能性も増し、結果として残存利益を

全て享受することもできます。


そして、予算貸借対照表を作成していれば、資産と負債の項目についても、

予算実績管理をすることができ、資産と負債の管理プロセスを、PDCAサイクル

で運用することで、貸借対照表とキャッシュフローをコントロールすることも

可能となります。


■予測貸借対照表作成方法のポイント


予算貸借対照表(BS)は、資金計画を作成した結果、完成するものです。


資金計画完成させるためには、利益計画、在庫計画、運転資金計画、設備投資計画、

財務バランス改善計画を作成する必要があります。


ゆえに、貸借対照表を管理することは、キャッシュフローの管理と同様のことです。


予想貸借対照表の作成ポイントは、適正在庫を実現する在庫計画です。


適正在庫を実現する在庫計画とは、在庫を減らす計画を作りたい場合に、

どれくらいのペースで仕入れを行い、どれくらい在庫を徐々に落とせばよいかの

内容が盛り込まれます。


この適正在庫を実現する在庫計画を作成するということは、現金循環化日数の予算

も当然作成することを意味していますので、これらの計画が完成すると、結果として、

運転資金計画が完成することになります。


尚、予測貸借対照表と予測損益計算書を作成して、はじめて、論理的整合性

がある予測財務諸表といえます。


■売上債権・棚卸資産・仕入債務の決め方


予算の貸借対照表を作成するポイントは、運転資金の構成要素である、

売上債権・棚卸資産・仕入債務をどのように決定するかに尽きます。


何故、運転資金の構成要素である、売上債権・棚卸資産・仕入債務の算定が

重要であるのかを説明すると、これらの項目は、本業の営業活動に関する主要な

事項であり、キャッシュフローに強く影響する項目だからです。


また、予算貸借対照表の構成要素の中で、運転資金の構成要素以上に重要な項目は

ありません。


よって、予算貸借対照表の精度を決定づけるのが、運転資金の構成要素を

算定することなのです。


しかし、予算貸借対照表の精度を決定づける項目であるにも関わらず、

次のようなアバウトな算定方法を利用している方が非常に多くなっています。


前年度末の各残高に、一定の数値を乗じて算定する方法

※前年度末の売上債権残高 1億円 × 1.2 = 1.2億円(予算の売上債権残高)
※前年度末の棚卸資産残高 2億円 × 1.5 = 3.0億円(予算の棚卸資産残高)
※前年度末の仕入債務残高 2億円 × 1.5 = 3.0億円(予算の仕入債務残高)


このような算定方法で各予算の勘定科目の金額を決定していると、仮に、金融機関など

に予算を提出して算定根拠を問われたとしても、前年度末の残高を1.2倍したり、1.5倍

したとしか説明のしようがないと思います。


予算貸借対照表の構成要素を作成する際は、最初に、財務戦略という財務の大枠を決定

して、次に、財務の大枠の内訳を決定することで各勘定科目を算定するのが基本的な

作成方法です。


ゆえに、予算の貸借対照表を作成する際に、特に重要となる概念が、

キャッシュコンバージョンサイクルなのです。


■予算キャッシュフロー計算書(CF)


近年は、キャッシュフロー経営と言われているにもかかわらず、

大多数の企業では、依然として、キャッシュフローが重要であるという

認識が薄いようです。


その理由は、予算のキャッシュフロー計算書を作成している企業は稀だからです。


予算のキャッシュフロー計算書を作成する為には、予算の損益計算書(PL)だけでなく、

予算の貸借対照表(BS)も作成する必要がありますから、この点が、予算のCF計算書を

作成していない企業が多い理由といえます。


この、企業の生命線でもある、予算のCF計算書を作成せずに、正確で実用的な

財務計画の完成とはなりません。


■予算キャッシュフロー計算書(CF)作成の目的


予算キャッシュフロー計算書(CF)の作成目的は、企業の営業活動・投資活動・

財務活動の区分ごとの収支の状況を把握しておくことです。


企業のキャッシュフローの分類は下記の通りです。

①営業キャッシュフロー
②投資キャッシュフロー
③財務キャッシュフロー
④フリーキャッシュフロー(営業CFと投資CFの合計)


また、予算のキャッシュフロー計算書を作成していればCFに関する予算実績管理を

することもできます。


更に、企業が想定する各区分毎の収支の予算と実績の乖離も直ちに把握でき、

把握した課題に対して、すぐに対策を実施することで、資金ショートを未然

に防ぐことができます。


ちなみに、大まかな資金計画を作成する際や、長期の資金計画を作成する時は、

資金表の1つである資金運用表の仕組みを応用して作成することもできます。


■予算キャッシュフロー計算書(CF)作成方法のポイント


予算のCF計算書を作成するポイントは、利益計画と資金計画の作成手順に沿って

いるかという点と、適正在庫を実現する計画が盛り込まれているかという点です。


財務の基本に従った論理的な方法で、利益計画と資金計画が作成されていなければ、

予算のCF計算書の内容は、実務で使用できるレベルとはいえません。


仮に、利益計画と資金計画が、財務の基本に従った論理的な方法で作成された

としても、適正在庫を実現する計画が盛り込まれていなければ、経営管理に活用

することはできません。


■予算資金繰り表作成について


予算の損益計算書(PL)を作成せずに作成をした予算の資金繰り表は、

全く当てにすることの出来ない論理的整合性の無い資金繰り表です。


また、予算の損益計算書だけを作成して、予算の資金繰り表を作成しても、

まだ不十分で架空で根拠が無い資金繰り表であり、予算の貸借対照表(BS)

まで作成することで、ようやく論理的整合性のある予算の資金繰り表の作成

をすることができます。


資金繰りは企業の生命線です。


その重要な資金繰りに必要な予算の資金繰り表を、予算の貸借対照表と

予算の損益計算書を作成せずに作成することは、企業の財務体質を悪化させ、

最悪、企業を資金繰り倒産に追い込んでしまう可能性すらあるのです。


ゆえに、予算の資金繰り表を作成することは、総合予算を作成することといえます。


■予算資金繰り表作成の目的


予算資金繰り表の作成目的は、企業の資金ショートを未然に防ぐことです。


そして、予算資金繰り表を作成していればキャッシュフローに関する予算実績管理を

することができます。


予算と実績のギャップを常に把握することで、機動的な資金調達や経費の削減、

回収サイトや支払サイトの見直し、設備投資計画や人員増員計画の凍結などを

早期に決断し実施することで、企業の最悪の状態である資金繰り倒産を予防する

ことに繋がります。


■予測資金繰り表作成方法のポイン


予算資金繰り表作成も、予測キャッシュフロー計算書と同様に、

利益計画と資金計画である、予測貸借対照表と予測損益計算書を

作成することで完成します。


また、予想資金繰り表を作成する際に注意すべきことは、予測キャッシュフロー計算書

と同様に、予算資金繰り表の経常収支や経常収支比率が 財務方針や財務戦略に反して

いる数値になっている場合は、予測貸借対照表や予測損益計算書の前提条件や計画を

変更することになります。


尚、資金繰り表の概要としては、一般的には大きく下記のように区分

されており、資金繰り表を見るポイントは、経常収支と経常収支比率です。


①経常収入の項目

②経常支出の項目

③経常外収入の項目

④経常外支出の項目


■最低保持すべき現預金残高の算定


予算の資金繰り表や予算のキャッシュフロー計算書等の資金表を

作成することは、資金繰りの見通しを明らかにすることが目的です。


資金表を作成する際の重要な論点は多岐にわたりますが、

皆さんは、資金表を完成させるための重要な論点をご存知でしょうか。


その重要な論点こそが、「最低保持すべき現預金残高」です。


この金額を決定することなく、資金表の作成を終了しているようでは、

資金繰りの見通しを明らかにしたとはいえません。


企業が資金ショートを引き起こす時は、支払ができなくなる時です。


支払ができなくなる時とは、支払予定額が、会社の現預金残高を超えている時です。


そうすると、企業にとって資金ショートという最悪の事態を回避するためには、

ある程度の現預金残高は常に保持しておくことが求められます。


ゆえに、自社にとっての、最低保持すべき現預金残高を算定する必要があるわけです。


ちなみに、運転資金月商倍率という財務指標で計算しても、自社にとって最適な

最低保持すべき現預金残高を算定することは不可能です。


最低保持すべき現預金残高を算定する計算式が分からない方は、

キャッシュコンバージョンサイクルの頁をご覧ください。


■中長期の予測財務諸表の作成方法のポイント


1時間で、中長期の財務計画を作成できますか?


もし、1時間で、論理的整合性のある中長期のBS・PL・CFを作成できれば、

財務を理解し、財務計画作成のポイントも理解しているといえますし、

利益計画と資金計画の関係も理解できていることになります。


しかし、中長期の財務計画を短時間で作成することは、それほど難しいこと

でないので、利益計画と資金計画の作成ポイントを理解すれば、経理に詳しく

ない経営者の方でも、中長期経営計画の財務計画を作成することは可能です。


また、中長期の財務計画を作成できるということは、中長期の資金繰り表も、

作成できることになります。


もし、経営者の方が、中長期の財務計画の作成方法を理解していれば、

下手な経理や経営企画の社員が財務計画を作成するよりは、遥かに短時間で精度

が高い実用的な中長期財務計画や中長期の資金繰り表を作成することができます。


ちなみに、論理的整合性を保ち、中長期の財務計画を作成する方法は、

最初に、各種の損益予算に関する定量目標を定めます。


次に、その定量目標に従い、損益予算を作成し、その損益予算に基づき

運転資金計画等を作成します。


最後に、それらの計画した数値を基に、資金運用表の仕組みを利用して

資金計画を作成すれば、1時間くらいで論理的整合性のある中長期の財務計画が

作成できます。


■予測財務諸表と財務体質改善計画


財務体質を改善したいと考えている企業は多いはずですが、

財務体質改善計画とは、どのような計画で、どのように作成すべきかを

理解している人は案外少ないようです。


また、財務という意味を勘違いしている人も意外に多く、改善したい対象

である財務という定義が曖昧であれば、当然、どんな財務体質改善計画を

作成するべきかも分かるはずがありません。


ところで、財務体質改善計画に限らず、何らかの改善計画を作成するときは、

やみくもに、様々な改善する為の活動計画を作成するするのではありません。


最初に、どのような姿に改善したいのかを、まず決定し、次に、その姿に改善

する為に、どのような方法や手順などで達成するかを決定することで、効率的

に改善計画を作成することができます。


財務体質改善計画とは、企業の財務である、資産、負債、純資産、損益、

キャッシュフローを改善する為の計画です。


よって、最初に、財務をどのような状態にしたいのかを示す財務戦略を決定し、

次に、その財務戦略に基づいた財務目標を作成して、最後に、その財務目標を

どのように達成していくかを示した財務計画を策定することが基本となります。


このように、財務体質改善計画を作成する場合は、財務戦略に基づいた、

資産、負債、純資産、損益、キャッシュフローに関する財務目標を立てて、

その財務目標を財務計画に落とし込むことで、財務体質改善計画が完成し、

その計画に基づいて、日々の財務改善活動をすることになります。


予算編成の方法や管理会計の上級スキルである財務計画作成スキルを身に付けたい方

には、弊所の予算作成セミナーの、 基本コースのセミナーがお勧めです。