与信管理制度構築サービス


■サービス報酬(全国対応)

  • 与信管理制度構築コンサルティングサービス報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • その他の債権回収対策サービスは、予防法務サービス」の頁をご覧ください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■最も重要な売掛債権回収不能対策とは

個人事業主や中小企業の経営者の皆様、事業において発生した債権の、消滅時効期間を

ご存知でしょうか?


払いが悪いクライアントへは、定期的に請求書を送っておけば大丈夫だと思っている方は

いらっしゃらないでしょうか?


企業における営業とは、販売して終わりではなく、販売代金を回収するまでが

営業活動です。


この債権回収が予定通りに回収できるか、予定より遅れるか、一部しか回収できないか、

全く回収できないかで、企業のキャッシュフローは、大きく影響を受けます。


また、回収が遅延したりすれば、運転資金が増加して、資金繰りが苦しくなります。


ゆえに、弊所のような行政書士の多くは、売掛債権回収不能リスクを低減するためには、

予防法務という企業におけるリスクマネジメントが重要になると重要性を説くのです。


しかし、ここで皆さんが考えなくてはならないことは、売掛債権回収不能リスクを

低下させるためには、何をすることが最もコストパフォーマンスが高いのかという

ことです。


法律の専門家などが、法律を経営に活用することが重要だと説くことは当たり前なので、

盲目的に、売掛債権回収不能リスクを低下させる対策として、予防法務が最も重要だと

信じてはいけません。


このような経営課題における考え方のポイントは、「原因と結果の法則」です。


結果には、必ず理由があります。


その理由こそが、「原因」で、原因とは「プロセス」です。


では、売掛債権が発生するプロセスを確認してみましょう。

売掛債権発生プロセス

  • ターゲティングによる企業の選別

  • 受注に向けた営業活動

  • クライアントから受注

  • 販売代金の回収



売掛債権回収不能リスクとは、「クライアントから受注」から「販売代金の回収」に

至る過程で発生するリスクなので、一般的に、予防法務が重要だと言われるのですが、

実は、もっと重要なことがあります。


それは、売掛債権が発生するプロセスのスタートラインである、

ターゲティングによる企業の選別」です。


大半の企業では、ターゲティングの際の企業を選別する基準に、その企業の「財務」を

選別基準にいれていなかったり、仮に、「財務」を選別基準に入れていたとしても、

その企業のキャッシュフローの状態まで調査分析している企業は、稀といえるでしょう。


考えてみればわかるはずですが、皆さんも、資金繰りの状態が悪い企業と取引をすれば、

売掛金を回収できない可能性があることぐらいは想像できるはずです。


そうすると、売掛債権回収不能リスクを低下させる最も重要なことは、資金繰りの状態

が悪い企業と取引をしないことなのです。


危ない取引先と取引をすれば、貸倒リスクが高まるのは当然なので、そのような危ない

取引先とは取引を避けるため、「ターゲティングによる企業の選別」をする際に、

与信管理を徹底することが、企業が最も重要視しなければならないことなのです。


要するに、債権が発生する、蛇口の部分を抑えずして、売掛債権回収不能リスクを

コントロールすることは不可能なのです。


予防法務は、本来の管理レールから外れた例外の債権を取り扱うイレギュラーな業務

なので、予防法務に、貸倒リスクを抑えることまで要求することは無理があるのです。


ゆえに、予防法務よりも、与信管理の方が遥かに重要なわけです。


よって、企業にとって、与信管理制度構築が、最も重要な売掛債権回収不能リスク対策

なのです。


弊所の代表者は、事業会社のCFOとして、企業の与信管理実務に長年携わっていた

経験がございますので、法務部を持たない中小企業の皆様に最適な、与信管理制度構築

サービスのご提供が可能でございますので、与信管理を強化したいお客様は、弊所に、

ご相談くださいませ。


■サービスの対応地域

弊所の与信管理制度構築サービスのサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


与信管理制度構築サービスを検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

くださいませ。