売上が上がらない原因


この頁に辿り着いた方は、売上が上がらないことで悩んでいる方が

ほとんどでしょうが、売上高を増やす為には、まずは、売上の構造を知る

必要があります。


売上の構造を分解すると、顧客数 × 顧客単価 = 売上 となりますが、

このレベルまでなら、大半の方が御存じでしょう。


しかし、もう少し、売上の構造を突き詰めなければ、売上が上がらない原因の

入り口を見つけることは不可能です。


次に、顧客数の構造を分解すると下記のようになります。

新規顧客 + 既存顧客 + 購買頻度 = 顧客数


上記を確認すると、営業活動をするうえで、重要な要素が顕在化してきました。


更に、売上の構造を突き詰めるために、今度は、顧客単価の構造を分解すると、

商品買上数 × 一点当たり商品単価 = 顧客単価 となります。


そうすると、これで明らかなように、売上が上がらない原因は、

①新規顧客
②既存顧客
③購買頻度
④商品買上数
⑤一点当たり商品単価


上記の5つの項目の中にあることが分かります。


しかし、売上が上がらない原因が、上記の5つの項目の中にあるとわかった だけでは、

本当の原因に辿り着くことはできないのです。


では、ここで皆さんに考えてもらいたいのは、


・何故、新規顧客が増えないのか?
・何故、既存顧客が減るのか?
・何故、購買頻度が増えないのか?
・何故、商品買上数が増えないのか?
・何故、一点当たり商品単価が増えないのか?


上記の根本的な理由を知る必要があるのです。


その根本的な理由を知るための扉は、マーケティングにあります。


上記の根本的な理由が分からない方の大半は、マーケティングを理解していない

ところに原因があるのです。


マーケティングを考えずに、営業や販売をしたとしても、売上が上がる

ことはありません。


要するに、営業や販売の上位概念である、マーケティングを無視して、 売上を増やす

ことは不可能なのです。


なお、これまで、マーケティングを考慮してこなかった方は、

マーケットでの成功要因の頁を御覧ください。