特定路外駐車場設置届出代行


■サービス報酬

  • 特定路外駐車場設置届出代行報酬

    250,000円(税別)

    ※上記に含まれているのは、申請書作成・規定作成・書類提出となっています。

    ※現地調査等が必要な場合は1日1万円別途必要となります。

    ※交通費などの実費が別途必要です。

    放置自動車所有者調査代行も対応しております。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■特定路外駐車場とは

特定路外駐車場とは、路外駐車場設置届出を提出している駐車場で、規定された一定の

路外駐車場を除いた駐車場のことです。


特定路外駐車場に該当する要件は、下記の通りです。

特定路外駐車場に該当する要件

  • 自動車の駐車の用に供する駐車マス部分の面積が500平方メートル以上

  • 駐車料金の徴収

  • 下記の路外駐車場を除く

    ・道路付属物駐車場
    ・公園施設の駐車場
    ・建築物である駐車場
    ・建築物に附属する駐車場



駐車場法や駐車場法施行令、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律

(バリアフリー新法)に規定されている駐車施設の構造や、その他の技術的基準は、

下記の項目があります。

車いす使用者用駐車施設の基準

  • 1以上設ける

  • 幅は、3.5メートル以上

  • 車いす使用者用駐車施設の表示


路外駐車場移動等円滑化経路の基準

  • 高齢者、障害者等が円滑に利用できる経路にすること

  • 段を設けないこと

  • 出入口の幅は、八十センチメートル以上とすること

  • 幅は、百二十センチメートル以上とすること

  • 五十メートル以内ごとに車いすの転回に支障がない場所を設けること


経路を構成する傾斜路の基準

  • 幅は、段に代わるものにあっては百二十センチメートル以上、段に併設するものにあっては九十センチメートル以上とすること

  • 勾配は、十二分の一を超えないこと。ただし、高さが十六センチメートル以下のものにあっては、八分の一を超えないこと

  • 高さが七十五センチメートルを超えるものにあっては、高さ七十五センチメートル以内ごとに踏幅が百五十センチメートル以上の踊場を設けること

  • 勾配が十二分の一を超え、又は高さが十六センチメートルを超え、かつ、勾配が二十分の一を超える傾斜がある部分には、手すりを設けること



■届出に必要な書類

届出に必要な書類は、下記の通りです。

届出に必要な書類

  • 特定路外駐車場設置届出書

  • 駐車施設の概要

  • 特定路外駐車場の位置を表示した地形図(1/10,000以上)

  • 特定路外駐車場の区域の平面図(1/200以上)

  • 車いす使用者用駐車施設、移動等円滑化経路等の主要施設を表示した平面図
    (200分の1以上)

  • 管理規程届

  • 業務委託契約書の写



■サービスの対応地域

弊所の特定路外駐車場設置届出のサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


特定路外駐車場設置届出を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。