特定動物飼養保管許可申請代行


■サービス報酬

  • 特定動物飼養保管許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

    ※調査が必要な際は、別途日当と旅費交通費が必要な場合がございます。

    ※弊所では、第一種動物取扱業登録申請第二種動物取扱業登録申請にも
    対応しております。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■特定動物とは


特定動物とは、人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物と

政令で定められた動物のことです。


特定動物は、法令にて、約650種類が指定されています。


特定動物を飼養又は保管する場合は、特定動物の種類ごとに、特定飼養施設の所在地を

管轄する都道府県知事の許可を受ける必要があります。


手続根拠法は、動物の愛護及び管理に関する法律第26条第1項です。


無許可で特定動物を飼養保管した場合は、動物愛護法で6ヶ月以下の懲役又は

100万円以下の罰金が規定されています。


特定動物飼養保管の許可基準は、下記の通りです。


許可基準

  • 特定動物の性質に応じて環境省令で定める特定飼養施設の構造及び規模、特定動物の飼養又は保管の方法並びに特定動物の飼養又は保管が困難になつた場合における措置に関する基準に適合するものであること

  • 申請者が下記のいずれにも該当しないこと

    ・この法律又はこの法律に基づく処分に違反して罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から二年を経過しない者
    ・法第二十九条の規定により許可を取り消され、その処分のあつた日から二年を経過しない者
    ・法人であつて、その役員のうちに上記のいずれかに該当する者があるもの



主な特定動物の種類

  • 哺乳綱(霊長目、食肉目、長鼻目、奇蹄目、偶蹄目)

    ・クモザル、オナガザル、てながざる、ゴリラ、チンパンジー、オランウータン、
    タテガミオオカミ、ヨコスジジャッカル、くま、サーバルキャット、チーター、
    ぞう、さい、かば、キリン等

  • 鳥綱(ひくいどり目、たか目、)

    ・カリフォルニアコンドル、ヒゲワシ、ボネリークマタカ、モモジロクマタカ、
    オナガイヌワシ、オオワシ、イヌワシ等

  • 爬虫綱(かめ目、とかげ目、わに目)

    ・かみつきがめ、コモドオオトカゲ、アメジストニシキヘビ、アミメニシキヘビ、オオアナコンダ、アリゲーター、クロコダイル等



■許可に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。

許可に必要な書類

  • 特定動物飼養保管許可申請書

  • 特定飼養施設の構造及び規模を示す図面

  • 特定飼養施設の写真並びに特定飼養施設の付近の見取図

  • 申請者が法第27条第1項第2号のイからハまでに該当しないことを説明する書類

  • 申請に係る特定動物に既に第二十条第三号に定める措置が講じられている場合にあっては、当該措置の内容ごとに次に定める書類

    ・マイクロチップによる場合 獣医師又は行政機関が発行した当該マイクロチップの識別番号に係る証明書

    ・脚環による場合当該脚環の識別番号に係る証明書及び装着状況を撮影した写真

  • 特定動物の飼養又は保管に係る管理の体制を記載した書類

  • 特定飼養施設の保守点検に係る計画



■サービスの対応地域


弊所の特定動物飼養保管許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


特定動物飼養保管許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。