特殊車両通行許可申請代行


■サービス報酬

  • 特殊車両通行許可申請代行報酬

    150,000円(税別)

    ※上記報酬に含まれている項目

    ・トラック、ラフタークレーン等の単車1台
    ・トラクタ、トレーラー等の連結車1セット
    ・出発地~目的地までの往復の経路
    ・オンライン申請又は書類作成のみ

  • オプション項目

    ・目的地追加 (経路追加)1つ増えるごとに5,000円

    ・軌跡図作成1台につき5,000円

    ・荷姿図作成1台につき5,000円

    ・申請先への出張料は、提出地域により異なります。

  • 道路管理者(行政機関)へ支払うの申請手数料

    ※手数料の算出方法は、申請車両台数×申請経路数×200円です。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■特殊車両通行許可とは

特殊車両通行許可とは、道路を通行する車両の、長さ、幅、高さ、重量、軸重、

隣接軸重、輪荷重、最小回転半径等が、道路法に基づく「車両制限令」において

規定された基準値を超過する時に必要となる許可です。


上記に関することは、道路法の第47条に定められており、その内容は下記の通りです。


  • 第47条 

    道路の構造を保全し、又は交通の危険を防止するため、道路との関係において
    必要とされる車両の幅、重量、高さ、長さ及び最小回転半径の最高限度は、
    政令で定める。

    2 車両でその幅、重量、高さ、長さ又は最小回転半径が前項の政令で定める最高限度をこえるものは、道路を通行させてはならない。


車両制限令において、特殊車両に該当するケースは、荷物を積んだ状態で、

下記表の基準値を超える場合になります。

車両制限令における基準値

車両の諸元 一般制限値(超えてはならない値)
長さ 12m
2.5m
高さ 3.8m
車両総重量 20t(車両の長さ及び最遠軸距に応じ,20t,22t,25t)
軸重 10t
隣接軸重 18t(隣り合う車軸の軸距が1.8m未満)
19t(隣り合う車軸の軸距が1.3m以上,かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5t以下)
20t (隣り合う車軸の軸拒が1.8m以上)
輪荷重 5t
最小回転半径 12m
接地圧 200kg/タイヤ接地部の幅1cm


特殊車両に関連する法令には、道路交通法、道路運送車両、車両制限令があり、

違反をすると、運転者が罰せられたり、指導や取締りを受けることになります。


申請から許可がおりるまでの標準処理期間は3週間以内です。


通行経路の道路が、道路情報便覧に収録されていない場合には、審査の時間が長く

なりますので、要注意です。


なお、道路情報便覧とは、全国の道路の構造・交通条件等を、特殊車両の通行する

ケースを想定した審査のためのデータベースのことです。


特殊車両通行許可申請の提出方法としては、下記の通りですが、オンライ申請以外は、

窓口事務所に申請書類を持参することになります。

申請データを作成する方法

  • オンライ申請

  • FD申請(インターネット版)

  • FD申請(CD-ROM版)

  • 手書きで、申請書類・申請データを作成する方法


なお、車両制限令の制限を超過した積載運行をする場合には、制限外積載許可

申請する必要があります。


■申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

申請に必要な書類

  • 特殊車両通行許可申請書

  • 車両に関する説明書

  • 通行経路表

  • 経路図

  • 自動車検査証の写し

  • 車両内訳書



■サービスの対応地域

弊所の特殊車両通行許可申請のサポート地域としては、オンライン申請に限り、

全国対応でございます。


窓口にて直接申請する必要がある場合手の出張サービスは、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


特殊車両通行許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。