特別保護地区における行為許可申請代行


■サービス報酬

  • 特別保護地区における行為許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■特別保護地区とは


特別保護地区とは、環境大臣又は都道府県知事が、鳥獣保護区の区域内で鳥獣の

保護又は鳥獣の生息地の保護を図るため特に必要があると認めた区域のことです。


特別保護地区の区域内においては、下記に掲げる行為は、環境大臣が指定する

国指定特別保護地区の場合は環境大臣の、都道府県知事が指定する都道府県指定

特別保護地区の場合は、都道府県知事の許可を受ける必要があります。


許可が必要な行為

  • 建築物その他の工作物を新築し、改築し、又は増築すること

  • 水面を埋め立て、又は干拓すること

  • 木竹を伐採すること

  • 国指定特別保護地区にあっては環境大臣が、都道府県指定特別保護地区にあっては都道府県知事がそれぞれ指定する区域内において、鳥獣の保護に影響を及ぼすおそれがある行為として政令で定めるものを行うこと



手続根拠法は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律

第29条第7項です。


許可要件は、下記の何れにも該当しないことです。


許可要件

  • 当該行為が鳥獣の保護に重大な支障を及ぼすおそれがあるとき

  • 当該行為が鳥獣の生息地の保護に重大な支障を及ぼすおそれがあるとき



■許可申請に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。


許可申請に必要な書類

  • 特別保護地区行為許可申請書

  • 行為の場所を明らかにした五万分の一以上の地形図

  • 行為の場所及びその付近の状況を明らかにした天然色写真その他の資料

  • 行為の施行方法を明らかにした図面



■サービスの対応地域


弊所の特別保護地区行為許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


特別保護地区行為許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。