刀剣類製作承認申請代行


■サービス報酬

  • 刀剣類製作承認申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■刀剣類とは


刀剣類とは、刃渡り十五センチメートル以上の刀、やり及びなぎなた、

刃渡り五・五センチメートル以上の剣、あいくち並びに四十五度以上に自動的に

開刃する装置を有する飛出しナイフのことです。


美術品として価値のある刀剣類を製作しようとする場合は、製作しようとする刀剣類

ごとに、その住所の所在する都道府県の教育委員会の承認を受ける必要があります。


手続根拠法は、銃砲刀剣類所持等取締法第18条の2です。


主な承認の要件は、下記の通りです。


承認要件

  • 製作しようとする刀剣類が美術品として価値のあるものであること

  • 製作担当者が刀剣類の製作につき承認を受けたことのある刀匠の下で引き続き五年以上技術の練磨に専念して刀剣類の製作担当者として十分な技術を習得したことを、その刀匠が証明し、かつ、登録審査委員二名以上が保証した者であること

  • 製作しようとする刀剣類が美術品として価値のあるものであり、かつ、製作担当者が刀剣類の製作につき承認を受けたことのある者であること



■承認申請に必要な書類


承認申請に必要な主な書類は、下記の通りです。


承認申請に必要な書類

  • 刀剣類製作承認申請書

  • 承認申請書に記載すべき主な事項
    ・承認申請者の氏名又は名称及び住所
    ・承認申請者と製作担当者が異なる場合は、製作担当者の氏名及び住所
    ・製作担当者の生年月日及び刀工歴
    ・製作を依頼した者の氏名又は名称及び住所
    ・製作しようとする刀剣類の種別及び員数(影打ちの員数を含む。)
    ・製作の目的
    ・製作の場所
    ・製作の着手及び完了の予定時期
    ・その他参考となるべき事項

  • その他教育委員会が定める書類



■サービスの対応地域


弊所の刀剣類製作承認申請のサポート地域は、東京都、千葉県、 埼玉県、

神奈川県だけでなく、全国対応とさせて頂いておりますので、その他の

道府県の方も、 当事務所にご相談くださいませ。


刀剣類製作承認申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽

にご相談ください。