鉄道旅客運賃上限設定認可申請代行


■サービス報酬



■鉄道旅客運賃上限設定とは

鉄道旅客運賃上限設定とは、旅客の運賃及び国土交通省令で定める旅客の料金の上限を

定め、国土交通大臣の認可を受けることです。


旅客運賃を変更しようとする場合も、国土交通大臣の認可が必要です。


根拠手続法は、鉄道事業法第16条第1項です。


認可申請を受けた国土交通大臣は、国土交通省の諮問機関である運輸審議会に諮り、

能率的な経営の下における適正な原価に適正な利潤を加えたものを超えないもので

あるかどうかを審査して、認可を決定します。


この旅客鉄道運賃制度での上限価格制は、上限運賃収入が、総括原価

(総括原価=適正原価+適正利潤)を超えないことを要件に、上限運賃だけを

規制する認可対象制度です。


この上限運賃以下なら、各鉄道会社が自由に運賃を決定し、国土交通省へ届出する

ことにより、運賃の変更が可能です。


ヤードスティック方式(基準比較方式)とは、各鉄道事業者毎に異なる、事業内容や

事業環境を補正して、各鉄道事業者の基準となる標準コストを算定して運賃水準を

決定する方式です。


この方式を利用することで、事業者間の競争促進や経営効率化が促されます。


基準コスト(標準コスト)を算定する際は、各鉄道事業者の決算関係データを

下記の5つの費用に区分します。


5つの費用

  • 線路費
  • 電路費
  • 車両費
  • 列車運転費
  • 駅務費



そして、この5つの費用を施設量で除して単価を算定します。


その単価に、各鉄道事業者の施設量を乗じたものが基準コスト(標準コスト)です。


鉄道旅客会社の基準単価・基準コストデータは、国土交通省が毎年HPで公開

しています。


■認可申請に必要な書類


申請に必要な書類は、下記の通りです。

認可申請に必要な書類

  • 鉄道旅客運賃上限設定認可申請書

  • 原価計算書

  • その他の旅客運賃等の上限の額の算出の基礎を記載した書類

  • その他認可に必要な書類



■サービスの対応地域

弊所の鉄道旅客運賃上限設定認可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


鉄道旅客運賃上限設定認可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。