食品の冷凍業又は冷蔵業許可申請代行


■サービス報酬

  • 食品の冷凍業又は冷蔵業許可申請代行報酬

    ・報酬は、お問合せくださいませ。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■食品の冷凍業又は冷蔵業とは

食品の冷凍業又は冷蔵業とは、長期保存を目的に、野菜、水産物、肉などを主原料

として調理した食品を、凍結設備で急速凍結して冷凍食品を製造したり、魚介類を

冷凍又は冷蔵する営業を業とする事業のことです。


食品の冷凍業又は冷蔵業をはじめる場合は、都道府県知事の許可を得る必要があります。


手続き根拠法令は、食品衛生法21条です。


食品の冷凍業又は冷蔵業特有の設備基準は、下記のような項目があります。

食品の冷凍業又は冷蔵業特有の設備基準

  • 作業場には、間仕切で区画された荷扱場、処理室を設置すること

  • 作業場には、間仕切で区画された予備室を設置すること

  • 作業場には、間仕切で区画された冷凍室又は冷蔵室を設置すること



また、処理室、冷凍室、冷蔵室には、下記の設備を設置する必要があります。

処理室、冷凍室、冷蔵室に必要な設備

  • 処理室

    ・原料置台
    ・耐水性の原料処理台

  • 冷凍室

    ・懸肉設備

  • 冷蔵室

    ・懸肉設備



その他、設備に求められている主な要件は、下記の通りです。

その他、設備に求められている主な要件

  • 処理室は、すき間がなく、清掃しやすい構造の内壁があること

  • 処理室の内壁は、床面から高さ1メートルまでは耐水性材料製であること

  • 荷扱場や処理室の施設内の明るさは100ルクス以上であること

  • 食品保管施設等の施設内の明るさはは20ルクス以上になる設備があること

  • 更衣設備は、処理室、冷凍室、冷蔵室の外にあること



この許可を取得するまでの流れは、下記の通りです。

許可を取得するまでのフロー

  • 事前相談

  • 申請書作成・添付資料準備

  • 食品の冷凍業又は冷蔵業許可申請

  • 書類審査

  • 現地調査

  • 許可証交付

  • 営業開始



許可要件のポイントである、人的要件や設備要件に関する事項は、

食品関係営業許可申請」の頁をご覧ください。


■申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

許可申請に必要な書類

  • 食品の冷凍業又は冷蔵業許可申請書

  • 営業施設の大要(施設の平面図及び付近案内図)

  • 食品衛生責任者資格者証又は調理師免許証等の原本

  • 食品衛生責任者資格取得誓約書

  • 法人の登記簿謄本

  • 運転免許証、住民票等の身分証明書

  • 使用水検査成績書(水道水を使用する場合は不要)



■サービスの対応地域

弊所の食品の冷凍業又は冷蔵業許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所にご相談

くださいませ。


食品の冷凍業又は冷蔵業許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。