試掘権存続期間延長許可申請代行


■サービス報酬

  • 試掘権存続期間延長許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



試掘権とは


試掘権とは、鉱業権を構成する権利の1つで、鉱区で登録を受けた鉱物の

賦存状況等を調査する権利です。


試掘権の存続期間は、登録の日から2年(石油又は可燃性天然ガスを目的とする試掘権

については4年)で、この期間は、その満了に際し、試掘権者の申請により、2回に限り

延長することができます。


手続根拠法は、鉱業法第18条第2項です。


許可の基準は、下記の各号に該当することです。


許可基準

  • 誠実に探鉱をした事実が明らかであると認めるとき

  • 鉱床の状態を確認するため更に探鉱を継続する必要があると認めるとき

  • 当該申請に係る試掘権について現に鉱区税の滞納をしていないとき



■許可申請に必要な書類


許可申請に必要な書類は、下記の通りです。


許可申請に必要な書類

  • 試掘権存続期間延長許可申請書

  • 探鉱の実績を説明する書面

  • 探鉱の実績を説明する図面



■サービスの対応地域


弊所の試掘権存続期間延長許可申請のサポート地域は、東京都、千葉県、 埼玉県、

神奈川県だけでなく、全国対応とさせて頂いておりますので、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


試掘権存続期間延長許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。