資金運用表の分析と応用


キュッシュフローの管理といえば、資金表の管理分析が欠かせませんが、

代表的な資金表としては、キャッシュフロー計算書、資金移動表、

資金運用表があり、この3つの資金表が、資金3表と呼ばれています。


資金3表に、企業独自の資金繰り表を加えたものが、資金4表です。


資金表の概要説明はこれぐらいにして、資金運用表の解説に入りたいと

思いますが、皆さんの会社では、この表を利用しているでしょうか?


おそらく、資金運用表を利用している企業は、かなり少ないのが

現状だと思います。


資金運用表のことを知らない方の為に簡単に説明すると、この表は、

企業が資金をどのように調達して、その調達した資金を何に使ったのかを

表現した資金表であり、この表は、資金の調達と運用のバランスを

確認できる表なのです。


この資金運用表は、企業の資金の調達と運用のどこに問題があるのかを

分析する際に威力を発揮しますので、経理や財務に携わる方にとっては、

資金管理の実務において必要不可欠な資金表といえます。


資金運用表の分析の説明に入る前に、この表の作り方について解説

したいと思います。


実績の資金運用表の作り方としては、2期間の貸借対照表を用意して、

各勘定科目の増減金額を算出し、算出した結果が、キャッシュフローに

マイナスの効果がある勘定科目は、資金の運用項目に分類され、

キャッシュフローにプラスの効果がある勘定科目は、資金の調達項目に

分類されます。


資金運用表の作り方の専門書では、調達と運用を3分割にした作成方法が

紹介されていますが、この表の基本を理解するうえでは、はじめの段階

では、気にする必要はないでしょう。


資金運用表を3分割にしない場合は、表の右側に資金の調達項目の内訳

と合計金額が表記され、表の左側に資金の運用項目の内訳と合計金額が

表記されて、この表が完成します。


簿記の知識がある方には説明するまでもないと思いますが、

資金の調達項目の合計金額と資金の運用項目の合計金額は

必ず一致しています。


そうすると、完成した資金運用表を確認すると、表の右側を見れば、

一年間で資金調達された内訳と合計金額が明らかになり、表の左側を見れば、

資金調達した金額を何に幾ら使ったのかの使途も明らかになるわけです。


3分割にしない資金運用表はシンプルな表ではありますが、この表の見方

が分かっている人にとっては、わざわざ3分割の表を作成するまで

もなく、このシンプルな表を見るだけで分析することができます。


ゆえに、資金運用表の見方が分かっている人は、わざわざ3分割の

表を作成する手間をかけない場合もあるのです。


では、3分割にしない資金運用表を分析する際のポイントをあげると、

運転資金、設備投資と長期資金の関係、間接金融と直接金融の返済と調達、

現預金の増減があり、これらのポイントさえ見れば、企業の資金収支の

概要は簡単に分析することができます。


しかし、資金運用表を分析するうえで、注意しなければならないことは、

運転資金の分析だけは、運転資金単独で分析をしなければ、運転資金の状態

を判断できませんので、運転資金の分析方法は、別途学ぶ必要があります。


そして、資金運用表の分析ができるようになったら、この表の仕組み

を応用することが求められます。


企業は、過去から学び未来をどうするかを考える必要がありますので、

資金運用表についても、実績の調達と運用を分析するだけではなく、

将来の調達と運用を考える為に、この表の仕組みを応用するのです。


財務管理ができている企業では、将来の調達と運用を考える為に、

資金運用表の仕組みを応用することは当たり前のことですし、

この表の仕組みを応用できることが、経理部財務部に所属する方にとって、

資金管理の実務において必要不可欠のスキルなのです。


この資金運用表の仕組みを応用することは、企業においては、

予算編成プロセスの終盤に位置する仕上げの段階に当ります。


この表の仕組みを応用するスキルが身についていなければ、

現預金残高をどのように調整するべきかや、新規の借入金は幾ら必要

なのかなどの、資金管理の重要な問題点を解決することはできないのです。


要するに、資金運用表の仕組みを応用できるようになることは、

資金計画を作成することと同じことだといえるわけなのです。


そうすると、資金運用表の仕組みが応用できるようになっていれば、

何日も時間を浪費せず、1時間位あれば、来期の大まかな予算の全体像

を表現できるのです。


このように、資金運用表は、資金管理をする者にとっては、非常に利用価値

が高い資金表といえますので、この表を分析できるようになったら、

次は、この表の仕組みを応用できるようになることを目指すべきでしょう。


なお、資金運用表の仕組みを完全に理解できる、資金運用表を活用した予算の作成方法

のセミナーを受講したい方は、弊所HPのお問合せフォームからお問合せ下さいませ。