世帯主変更届出代行


■サービス報酬

  • 世帯主変更届出代行報酬

    50,000円(税別)

    ※弊所では、相続人調査代行遺産分割協議書作成代行死亡届出代行
    にも対応しております。

    ※行政書士ではない葬儀社が、報酬を得て世帯主変更届出代行を
    することは、行政書士法違反です。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



世帯主変更届とは


世帯主変更届とは、世帯又はその世帯主に変更があつた者は、その変更があつた日

から14日以内に、その氏名、変更があつた事項及び変更があつた年月日を市町村長

に届け出ることです。


手続根拠法は、住民基本台帳法第25条です。


世帯主が亡くなった場合の世帯主変更届出は、死亡から14日以内にする

必要があります。


届出先は、市区町村役場の戸籍・住民登録窓口です。


世帯人数が2人の場合に、2人のどちらかが亡くなった場合は、

残った方が自動的に世帯主となりますので、届出の必要ありません。


しかし、世帯人数が3人以上の場合は、届出が必ず必要になります。


世帯主変更届が必要なケースは、下記の通りです。


世帯主変更届が必要なケース

  • 世帯主が死亡した時

  • 世帯主が転出や転居した時

  • 世帯分離した時

  • 世帯合併した時

  • 生計を維持し代表となる者を変更した時



なお、世帯主変更届をして、世帯主が変更になると、続柄も変更されることになります。


ちなみに、他人の依頼を受け報酬を得て、各種官公署などの行政機関に提出する書類

の作成は、行政書士の独占業務であり、行政書士登録をしていない者が、 このような

業務を行うことは、行政書士法違反です。


行政書士登録をしていない葬儀社などの個人や法人が、世帯主変更届出手続きを報酬を

得てすることはできませんし、このようなモグリの業者を利用するのはトラブルの

元です。


行政書士法違反をした者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。


■届出に必要な書類


届出には、下記の書類が必要になります。


届出に必要な書類

  • 世帯主変更届出書

  • 本人確認のための身分証明書(免許証・パスポート・住民基本台帳カード等)

    ※免許証などの写真付き証明が無い場合は、健康保険証・年金手帳・社員証
    ・学生証等2種類以上必要

  • 代理人が届出する時は、委任状と代理人の本人確認の身分証明書



■サービスの対応地域


弊所の世帯主変更届出のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、埼玉県、

神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


世帯主変更届出を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の場所に

士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談ください。