制限外積載許可申請代行


■サービス報酬

  • 制限外積載許可申請代行報酬

    150,000円(税別)

    ※上記報酬に含まれている項目

    ・出発地~目的地までの往復の経路
    ・申請書類作成のみ

  • オプション項目

    ・目的地追加 (経路追加)1つ増えるごとに5,000円

    ・軌跡図作成1台につき5,000円

    ・荷姿図作成1台につき5,000円

    ・申請先への出張料は、提出地域により異なります。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■制限外積載許可とは

制限外積載許可とは、車両から、積荷がはみ出してしまい、積載物の長さ、幅、高さが、

定められた基準を超えた場合に必要になる許可のことです。


この許可の根拠法律は道交法で、道交法の正式名称は、「道路交通法」です。



道路交通法の第56条に、乗車又は積載の方法の特例に関する事項が規定されており、

その内容は下記の通りです。


  • 第56条 

    車両の運転者は、当該車両の出発地を管轄する警察署長(以下第58条までにおいて「出発地警察署長」という。)か当該車両の構造又は道路若しくは交通の状況により支障がないと認めて積載の場所を指定して許可をしたときは、前条第1項の規定にかかわらず、当該車両の乗車又は積載のために設備された場所以外の場所で指定された場所に積載して車両を運転することができる。


    2 貨物自動車の運転者は、出発地警察署長か道路又は交通の状況により支障がないと認めて人員を限つて許可をしたときは、前条第1項の規定にかかわらず、当該許可に係る人員の範囲内で当該貨物自動車の荷台に乗車させて貨物自動車を運転することができる。


積載物の長さ、幅、高さが、下記に記載している数値を超えた場合は、出発地警察署長

への許可申請が必要になります。

制限外許可申請が必要となる基準

  • 長さは、自動車の長さの1.1倍

  • 幅は、自動車の幅

  • 高さは、3.8メートル(高さ指定道路の場合は4.1メートル)


許可がおりる限度についても規定があり、その数値は下記の通りです。

許可がおりる限度

  • 長さは、自動車の長さの1.5倍を限度とする

  • 幅は、自動車の幅プラス1.0メートルを限度とする※全体の幅は3.5m以内

  • 高さは、4.3メートルを限度とする


許可が認められる積載方法についても規定があり、その内容は下記の通りです。

許可が認められる積載方法

  • 長さは、前後ともに、自動車の長さの1.3倍を限度とする

  • 幅は、左右ともに、0.5メートル以内を限度とする



■申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

申請に必要な書類

  • 制限外積載許可申請書

  • 車検証の写し

  • 通行経路表

  • 運転者の運転免許証の写し

  • 荷姿図

  • 車両寸法図



■サービスの対応地域

弊所の制限外積載許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


制限外積載許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の

場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。