温泉採取許可申請代行


■サービス報酬



■温泉採取許可とは

温泉採取許可とは、温泉源から温泉の採取を業とし行おうとする場合に、

温泉の採取場所ごとに、環境省令の規定に従い、都道府県知事の許可を

受けることです。


この手続根拠法は、温泉法第14条の2です。


許可の基準は、下記の欠格事由の全てに該当しないことです。

欠格事由

  • 当該申請に係る温泉の採取のための施設の位置、構造及び設備並びに当該採取の方法が採取に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止に関する環境省令で定める技術上の基準に適合しないものであると認めるとき

  • 申請者がこの法律の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなつた日から二年を経過しない者であるとき

  • 申請者が第十四条の九第一項の規定により前項の許可を取り消され、その取消しの日から二年を経過しない者であるとき

  • 申請者が法人である場合において、その役員が上記のいずれかに該当する者である場合



温泉の採取に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止に関する技術上の基準は、

下記の通りです。

可燃性天然ガスによる災害の防止に関する技術上の基準

  • 温泉の採取に伴い発生する可燃性天然ガスを分離する設備であつて、当該設備を通過した後の温泉水から、環境大臣が定める方法により、気体を分離し、当該気体中のメタンの濃度を測定した結果、環境大臣が定める値未満となるものが設けられていること。

  • 下記に掲げる設備が屋内にないこと。

    ・温泉井戸
    ・ガス分離設備
    ・温泉井戸又はガス分離設備からの可燃性天然ガスの排出口

  • ガス排出口が、下記に掲げる場所にないこと。

    ・温泉井戸又はガス分離設備のある床面又は地面からの高さが三メートル以下
    である場所
    ・水平距離が三メートルであり、かつ、垂直距離が上方八メートル又は
    下方〇・五メートルである範囲内に、火気を使用する設備

  • 外面が著しく高温となる設備、防爆性能を有しない電気設備、屋内への空気の取入口又は関係者以外の者が容易に立ち入ることができる場所がある場所

  • 温泉井戸からガス排出口までの配管及びガス分離設備からガス排出口までの配管の閉塞を防止するため、下記に掲げる措置を講じていること。

    ・凍結による閉塞のおそれがある場合においては、凍結を防止するための措置
    ・水の滞留のおそれがある場合においては、水抜き設備の設置及び定期的な水抜きの措置

  • 可燃性天然ガス発生設備に設置された電気設備と制御盤その他のスイッチ類が集中する設備との間の配線に接続箱を設置することその他の方法により、制御盤その他のスイッチ類が集中する設備に可燃性天然ガスが侵入しないようにしていること。

  • 可燃性天然ガス発生設備からの水平距離が一メートルであり、かつ、垂直距離が五メートルである範囲内において、下記に掲げる措置を講じていること。

    ・火気を使用する設備又は外面が著しく高温となる設備を設置しないこと
    ・火気を使用する作業を実施しないこと
    ・関係者が見やすい場所に、火気の使用を禁止する旨を掲示すること

  • 前号に規定する範囲内においては、さくの設置その他の方法により、関係者以外の者の立入りを制限すること。

  • 毎月一回以上、ガス分離設備の内部の水位計及び可燃性天然ガス発生設備の異常の有無を目視により点検すること。

  • 前号に規定する点検の作業の結果を記録し、その記録を二年間保存すること。

  • 下記に掲げる事項を定めた採取に係る可燃性天然ガスによる災害の防止に関する
    規程を作成し、これを温泉の採取の場所に備えていること。

    ・災害の防止のための措置の実施に係る組織、安全に関する担当者の選任その他の災害の防止のための措置を適正に実施するための体制に関する事項
    ・災害の防止のために行う点検の項目及び方法に関する事項
    ・災害その他の非常の場合にとるべき措置に関する事項
    ・その他災害の防止に関し必要な事項

  • 災害その他の非常時には、採取時災害防止規程に従つて必要な措置を行うこと。



■申請に必要な書類


申請に必要な書類は、下記の通りです。

許可申請に必要な書類

  • 温泉採取許可申請書

  • 設備の配置図及び主要な設備の構造図

  • 温泉の採取のための施設の位置、構造及び設備並びに採取の方法が基準に適合することを証する書面

  • 設備の設置の状況を現した写真

  • 次に掲げるメタンの濃度及び量の測定の結果

    ・温泉法施行規則第6条第一項第一号に規定する測定の結果
    ・温泉法施行規則第6条第一項第二号ハに規定するガス排出口が同項第三号イ又は
    ロに掲げる場所にある場合にあつては、同号に規定する測定の結果
    ・温泉の採取に伴い発生するメタンの量の測定の結果

  • 温泉法施行規則第6条第一項第十号に規定する採取時災害防止規程

  • 温泉法第14条の二第二項第一号に該当するかどうかを審査するために都道府県知事が必要と認める書類

  • 温泉法第14条の二第二項第二号 から第四号までに該当しない者であることを
    誓約する書面



■サービスの対応地域

弊所の温泉採取許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、 埼玉県、

神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所にご相談

くださいませ。


温泉採取許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。