屋外広告物許可申請代行


■サービス報酬

  • 屋外広告物許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 上記報酬は、東京23区内限定でこざいます。

    千葉県、神奈川県、埼玉県の地域の方は、お問合せくださいませ。

  • 上記報酬以外に必要になるのは行政機関に支払う申請手数料です。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■屋外広告物とは

屋外広告物といっても、どのような広告物が対象となるのか漠然としているので、

屋外広告物法第2条を確認すると、次のように定義されています。

  • この法律において「屋外広告物」とは、常時又は一定の期間継続して屋外で
    公衆に表示されるものであつて、看板、立看板、はり紙及びはり札並びに広告塔、
    広告板、建物その他の工作物等に掲出され、又は表示されたもの並びにこれらに
    類するものをいう。


定義のポイントは、①継続して、②屋外で、③公衆に表示するという点に該当

するかどうかといえるでしょう。


そうすると、原則、営利性は問わないという点に注意する必要があるといえます。


また、屋外広告物を出せるところや出せないところは、各都道府県の条例によって、

禁止区域や許可区域が定められており、屋外広告物を出せない禁止物件についても

定めがあります。


主な禁止区域

  • 第1種・第2種低層住居専用地域

  • 第1種・第2種中高層住居専用地域

  • 特別緑地保全地区

  • 景観地区のうち知事が指定する区域

  • 文化財保護法の建造物及びその周囲

  • 歴史的又は都市美的建造物及びその周囲

  • 学校、病院、公会堂、図書館、博物館、美術館、官公署等の敷地


主な禁止物件

  • 橋、高架道路、高架鉄道及び軌道

  • 道路標識、信号機、ガードレール、街路樹

  • 郵便ポスト、公衆電話ボックス、送電塔、テレビ塔、照明塔、ガスタンク

  • 水道タンク、煙突、無線塔、吸排気塔、形像、記念碑

  • 石垣、がけ、土手、堤防、よう壁

  • 景観重要建造物、景観重要樹木


また、下記のケースに該当する場合は、屋外広告物の許可以外に、次の手続きが必要

な場合があります。


広告物の高さが4メートルを超える場合

  • 建築基準法に基づく工作物の確認

    ・申請窓口 建築担当課



広告物等を道路上に掲出する場合

  • 道路法に基づく道路占用の許可

    ・申請窓口 東京国道事務所、建設事務所

  • 道路交通法に基づく道路使用許可

    ・申請窓口 所轄の警察署


地区計画等の都市計画区域内に掲示する場合

  • 都市計画法に基づく工作物の届出

    ・申請窓口 都市計画担当課


広告塔、広告板、アーチ、装飾街路灯の屋外広告物等を表示し又は設置する場合は、

屋外広告物管理者を置き、屋外広告物管理者設置届を提出する必要があります。

屋外広告物管理者の要件

  • 建築士法に規定する建築士

  • 電気工事士法に規定する電気工事士

  • 電気事業法に規定する第1種・第2種・第3種の電気主任技術者免状の
    交付を受けている者

  • 屋外広告士




■許可申請の手続フローと申請に必要な書類

申請に必要な書類は、屋外広告物許可申請書以外では、添付書類が必要となり、

必要な添付書類と手続きの流れは下記の通りです。

申請の手続フロー

  • 広告周辺地域の調査

  • 申請書作成・添付資料の準備

  • 申請

  • 許可

  • 取付完了届


申請に必要な添付書類

  • 付近案内図

  • 仕様書

  • デザイン図

  • 設計図

  • 配線図(ネオン使用の場合)

  • 承諾書

  • 委任状

  • マンセル値を表示した広告物の意匠図

  • 屋外広告物等に係る意匠等作成経過報告書


取付が完了したら、広告物のカラー写真を添えて、取付完了届を提出する

必要があります。


■屋外広告物の許可期間

屋外広告物の種類によって、許可期間は異なりますので、許可期間後も継続して

広告物の設置を続ける場合は、更新の届出を提出しなければ、無許可営業となります

ので、注意が必要です。

主な屋外広告物の許可期間

  • 広告塔広告板

    ・2年以内

  • 小型広告板

    ・1年以内

  • はり紙・はり札等

    ・1月以内

  • 広告旗

    ・1月以内

  • 立看板等

    ・1月以内

  • 電柱・街路灯柱の利用広告

    ・1年以内

  • 標識利用広告

    ・1年以内

  • 宣伝車

    ・1年以内

  • バス又は電車の車体利用広告で長方形の枠を利用する方式

    ・1年以内

  • その車体利用広告

    ・1年以内



■サービスの対応地域

弊所の屋外広告物許可申請のサポート地域は、基本的に、東京23区限定ですが、

東京都のその他の地域、千葉県、埼玉県、 神奈川県、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


屋外広告物許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所に お気軽にご相談

くださいませ。