農林漁業体験民宿業者登録申請代行


■サービス報酬

  • 農林漁業体験民宿業者登録申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



農林漁業体験民宿業とは


農林漁業体験民宿業とは、施設を設けて人を宿泊させ、農林水産省令で定める

農村滞在型余暇活動又は山村・漁村滞在型余暇活動に必要な役務を提供する旅館業の

ことです。


農山漁村滞在型余暇活動は、グリーンツーリズムとも呼ばれています。


農林漁業体験民宿は、都市と農山漁村の架け橋であり、農山漁村地域における

グリーンツーリズムの拠点となっています。


この農林漁業体験民宿業は、民泊許可が必要な、外国人滞在施設経営事業とは

異なります。


農林漁業体験民宿業の開業にあたっては、旅館業営業許可を取得する必要があり、

農家民宿(農林漁家民宿)は、旅館業法上は、簡易宿泊所に該当します。


よって、農林漁業体験民宿業であっても、旅館業営業許可を取得せずに営業する

ことは違法となりますし、各自治体は、旅館業法違反調査を強化しています。


なお、許可を得ない民泊は違法です。


旅館業法上、簡易宿泊所は、客室延床面積が33平米以上必要ですが、農家民宿

(農林漁家民宿)は、33平米未満でも開業可能です。


この農家民宿(農林漁家民宿)は、各都道府県独自に旅館業法の規制緩和が

されています。


また、農林漁業体験民宿業に係る営業方法に関し農林水産省令で定める基準に従って

営業を行おうとするときは、農林水産省令で定めるところにより、農林水産大臣の登録

を受けた者が行う登録を受けることができます。


手続根拠法は、農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律

第16条第1項です。


農村滞在型余暇活動又は山村・漁村滞在型余暇活動に必要な役務は、下記の通りです。


農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務

  • 農村滞在型余暇活動に必要な次に掲げる役務

    ・農作業の体験の指導
    ・農産物の加工又は調理の体験の指導
    ・地域の農業又は農村の生活及び文化に関する知識の付与
    ・農用地その他の農業資源の案内
    ・農作業体験施設等を利用させる役務
    ・上記に掲げる役務の提供のあっせん

  • 山村滞在型余暇活動に必要な次に掲げる役務

    ・森林施業又は林産物の生産若しくは採取の体験の指導
    ・林産物の加工又は調理の体験の指導
    ・地域の林業又は山村の生活及び文化に関する知識の付与
    ・森林の案内
    ・山村滞在型余暇活動のために利用されることを目的とする施設を利用させる役務
    ・上記に掲げる役務の提供のあっせん

  • 漁村滞在型余暇活動に必要な次に掲げる役務

    ・漁ろう又は水産動植物の養殖の体験の指導
    ・水産物の加工又は調理の体験の指導
    ・地域の漁業又は漁村の生活及び文化に関する知識の付与
    ・漁場の案内
    ・漁村滞在型余暇活動のために利用されることを目的とする施設を利用させる役務
    ・上記に掲げる役務の提供のあっせん



農林漁業体験民宿業者の登録の基準は、下記の通りです。


登録基準

  • 農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務の提供に関する事項

    ・農山漁村滞在型余暇活動に使用する施設の適切な管理その他の事故防止のために必要な措置が講じられていること
    ・役務の提供に必要な人員が適切に配置されていること
    ・事故が発生したときその他の緊急時における迅速な対応のための体制が整備されていること
    ・宿泊に関する役務及び自ら又はあっせんにより提供する農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務の内容及び料金が利用者に明示されていること
    ・あっせんにより農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務を提供する場合においては、その役務はこの条に規定する措置その他これに準ずる措置を講ずると見込まれる者が提供するものであること
    ・利用者に農林水産物の加工若しくは調理の体験の指導又は食事の提供を行うときは、地域の農林水産物の積極的な活用が図られていること

  • 利用者の生命又は身体について損害が生じた場合における当該損害をてん補
    する措置に関する事項

    ・利用者の生命又は身体について損害が生じた場合におけるその損害をてん補する保険契約又は共済契約を締結していること

  • 地域の農林漁業者との調整に関する事項

    ・農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務の提供に当たり、地域の農林漁業と調和のとれた農用地、森林、漁場等の利用に努めること
    ・利用者が農山漁村滞在型余暇活動を行う際に地域の農林漁業に支障を来すことのないように、農用地、森林、漁場等への立入りに関し注意すべき事項について適切に指導を行うこと
    農山漁村滞在型余暇活動に必要な役務の提供の方法等について地域の農林漁業者から協議の申出があった場合には、迅速かつ適切に対応すること

  • その他の事項

    ・農用地、森林、漁場等の案内を行う場合には、希少な野生動植物の生態に悪影響を及ぼすことのないように配慮すること
    ・地域の農山漁村滞在型余暇活動に関する情報の収集及び提供に努めること
    ・利用者から苦情があったときは、迅速かつ適切に対応すること



■登録に必要な書類


登録申請には、下記の書類が必要になります。


登録に必要な書類

  • 農林漁業体験民宿業者登録申請書

  • 法人の場合は、下記に掲げる書類

    ・定款、寄附行為その他これらに準ずるもの
    ・登記事項証明書
    ・役員の氏名、住所及び略歴を記載した書面
    ・申請の日の属する事業年度の直前の事業年度の貸借対照表及び当該事業年度末
    の財産目録又はこれらに準ずるもの
    ・旅館業営業許可証の写し
    飲食店営業許可証の写し
    ・建物の外観内観、近隣景観、体験指導等の写真

  • 個人の場合は、下記に掲げる書類

    ・住民票の写し
    ・財産に関する調書
    ・申請者が法第十九条第一号 及び第三号 に該当しないことを誓約する書面
    ・申請者が法第二十条第一項 各号に適合することを証する書面
    ・旅館業営業許可証の写し
    ・飲食店営業許可証の写し
    ・建物の外観内観、近隣景観、体験指導等の写真



■サービスの対応地域


弊所の農林漁業体験民宿業者登録申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


農林漁業体験民宿業者登録申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。