荷台乗車許可申請代行


■サービス報酬

  • 荷台乗車許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■乗車方法の特例とは


乗車方法の特例とは、貨物自動車の運転者が申請をして許可を受けたときは、

当該許可に係る人員の範囲内で当該貨物自動車の荷台に人を乗車させて貨物自動車を

運転することができる特例のことです。


荷台に乗車させる際は、警察署長の許可を受ける必要があります。


手続根拠法は、道路交通法第56条第2項です。


許可の対象は、下記の通りです。


許可の対象

  • 貨物を運搬する構造の自動車に、下記に掲げるような場合で他の方法では難しく、
    やむを得ないと認められるとき

    ・荷物の積み降ろしのため、必要な最小限度の人員を運搬する場合
    ・傷病者を緊急に運搬する場合
    ・緊急の工事又は作業の従事者を運搬する場合
    ・災害又はスト等で一般交通機関の運行が停止時に、通勤者等を運搬する場合
    ・公職選挙法に基づき選挙運動をする場合
    ・その他公益上又は社会慣習等でやむを得ないものであると認める場合
    ・廃棄物の処理及び清掃に関する法律の規定による廃棄物収集を行う作業のため
    必要な人員が同乗する場合



許可の基準は、下記の通りです。


許可基準

  • 運転の経路にあたる道路又は交通の状況により支障がないと認められるものであること

  • 荷台に乗車させる人員は、当該車両の種別、設備及び構造並びに通行する道路の状況に応じて決定し、下記の方法によって算出した人員を超えないこと

    ・許可人員は、荷台の乗車可能な面積を1人当りの所要面積(0.5m×1.0m)で
    割った数(小数点以下は切り捨てる。)が最大乗車人員
    ・上記によって得た最大乗車人員であっても、規定された自動車の種別ごとの乗車人員を超えてはならない



■許可に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。

許可に必要な書類

  • 荷台乗車許可申請書

  • その他警察署長が指定した書類



■サービスの対応地域


弊所の荷台乗車許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、 埼玉県、

神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


荷台乗車許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。