全く経験のない部署への配置転換


企業における春の大イベントといえば人事異動や配置転換です。


会社には、人事異動や配置転換を歓迎するポジティブ思考の人もいれば、

人事異動や配置転換を嫌うネガティブ思考の人もいます。


ネガティブ思考の人は、自分の意に反した人事異動や配置転換であった場合は、

人事異動や配置転換の意味を深読みして、退職勧奨や退職強要と捉える方も

中にはいることでしょう。


確かに、一般的に、全く経験のない部署への配置転換を希望する人は

それほど多くはないかもしれません。


会社の辞令で、営業から経理へ、技術職から営業職へ、情報システム部から

経営企画部へ、総務職からマーケティング職へ、マーケティングから財務へ、

技術職から経理職へなど、全く畑が違う全くの未経験の部署に配属されると、

落ち込んだ気持ちになることは理解できます。


しかし、ポジティブ思考の人にとっても、ネガティブ思考の人にとっても、

全く経験のない部署への配置転換はチャンスといえます。


なぜなら、全く経験のない部署へ異動を命じられた場合は、転職せずに、

未経験分野の業務を経験することを、会社がお膳立てしてくれているわけ

なので、こんなチャンスを活かさない手はありませんし、全くの未経験の部署

への配属は、自分のキャリアアップにも大きく役立ちます。


このような点から考えても、定期的に配置転換や人事異動がある大企業は、

ほとんど配置転換や人事異動がない中小企業で働くよりも、自分のキャリア

アップに大きく役立つ職場といえます。


皆さんは、配置転換や人事異動という会社から与えられたチャンスを、

マイナス思考で考えるのではなくプラス思考で考えて、新しい職場でスキル

アップできるチャンスを喜ぶべきといえるでしょう。


せっかくのキャリアアップのチャンスを逃す手はないわけです。


確かに、会社によっては、人事異動や配置転換をする意図が、退職勧奨や

退職強要である場合もありますが、大半の会社は、社員に全くの異分野の仕事

も経験させることで、新しいことをやりとげる力をつけて欲しいと

という意図で配属しているのです。


ところで、全く経験のない部署への配置転換を喜ぶ人も悲しむ人も、

配置転換後は、新しい仕事が待っていますので、新しい仕事に対応できる

か多少なりとも気にすることはあるでしょう。


しかし、皆さん、ご安心ください。


文系出身の全くの未経験者が、人工衛星や宇宙ロケットを開発する仕事を

命じられるような配置転換でもない限り、今まで会社で普通に仕事をしてきた

方なら、会社の仕事で対応できない仕事はないと断言できます。


例えば、一見専門的な仕事に見える経理の仕事や財務の仕事も、ポイントさえ

掴めば難しい仕事ではありません。


また、事務系の人から見ると、営業やマーケティングの仕事は自分には無理

だと思ってしまうかもしれませんが、これらの仕事についてもポイントさえ

掴めば、未経験でも直ぐに結果を残すことは可能です。


そして、経営者をサポートする経営企画の仕事でさえも、何をするべきかを

理解し、基本的なスキルを身につけさえすれば、経営者に認めてもらえる

ような仕事をすることができます。


では、全く経験のない部署へ配属された方の為に、主要な各業務毎のポイント

を説明させて頂きます。


まず、経理についてですが、いきなり会計の専門用語を覚えるのではなく、

簿記の仕組みと会社の業務の流れを理解するべきです。


経理は、簿記の仕組みと会社の業務の流れを理解さえしてしまえば、

後は、知識を身につけるだけですし、知識量が増えるに従って仕事が

できるようになってきます。


次に財務についてですが、財務は、企業のキャッシュフローがどのような

メカニズムで変化するのかを理解さえできれば、財務の重要な仕事である、

キャッシュフローの管理や資金繰り業務も、直ぐに対応できるようになります。


続いて、営業についてですが、営業は、商談のスキルが全てです。


しかし、商談のスキルは、営業のキャリアがある程度ある人でも、

基本が身についている人は少ないので、基本的な商談のスキルを身につける

だけで、平均的な営業成績を直ぐにあげることも不可能ではありません。


続いて、マーケティングについてですが、マーケティングの基本的な理論を

理解すれば、仕事で直ぐに使えるスキルが身に付くと思って差し支え

ありません。


特に、マーケティングは、マーケットの分析が全てなので、このマーケット

の分析手法を理解することができれば、直ぐに、マーケティングの仕事で

結果をだすことも可能です。


最後に、経営企画についてですが、経営企画の仕事のポイントは、

経営戦略を策定する為の、マーケット分析の方法、経営戦略の立て方、

予算の作成方法についてのスキルを身につければ、経営企画の仕事に

対応することができます。


皆さんが考える以上に、経営企画の仕事で必要になる、マーケット分析の方法、

経営戦略の立て方、予算の作成方法等は難しくありませんし、これらの基本的

なスキルを身につけている経営企画の社員も、実は、それほど多くはありません

ので、未経験である皆さんが、これらのスキルを身につけておけば、

経営企画の仕事に対する知識やスキル面で心配はいらないでしょう。


これらの仕事に未経験の人が上記の説明を読むと、本当にそんなに簡単に

仕事ができるようになるのかなと思われるかもしれません。


しかし、仕事をするうえで認識すべきこととしては、仕事は難しいものでは

なく複雑なものなので、いかに複雑な仕事を簡単にできるのかが、仕事では

問われてきます。


要するに、各業務の要諦を掴むことができさえすれば、どんな仕事でも難しく

はないので、各業務を遂行する為に、何が必要なのかを理解することが、

全く経験のない新しい仕事に対応するポイントともいえます。


このように、全く経験のない部署へ異動を命じられた場合は、皆さんにとって

キャリアアップのチャンスといえますので、この人事異動や配置転換を利用を

することが、自分の市場価値を高める良い機会であると認識すべきでしょう。