キャッチコピーが売上を左右する


経営者の皆さん、自分の会社の商品が、何故売れるのかを考えたこと

があるでしょうか?


オンリーワンの商品でもなければ、世の中には、自社の商品と競合するような

商品が無数にあります。


そんな状況の中で、なぜ、自分たちの商品が、顧客に選ばれているんでしょうか?


また、経営者の皆さん、自分の会社の商品が、何故あまり売れていないのかを

突き詰めて考えたことがあるでしょうか?


売れるにせよ、売れないにせよ、何ごとも原因があっこその結果であり、

ビジネスにおいても、原因と結果の法則から逃れることはできません。


ビジネスは、偶然に儲けたのでは意味がないのです。


偶然に儲けたのでは意味がないという理由は、偶然が永遠に続くことはないからです。


そして、偶然を実力と錯覚し事業を一気に拡大させて失敗したケースは

枚挙にいとまがありません。


では、どのようなことを意識して、ビジネスをするべきなのでしょうか?


それは、必然的に売れる仕組みを作り上げることを意識するべきです。


必然的に売れる仕組みを作り上げてこそ、安定したペースで売上を伸ばして

いくことが可能となります。


偶然の売上は、質の悪い売上であり、必然の売上は、質の良い売上といえるので、

偶然の売上と必然の売上は、売上の質が全く異なるのです。


だから、必然の売上を実現する為に、必然的に売れる仕組みを作り上げる

ことが重要なのです。


必然的に売れる仕組みのポイントとしては、 ①商品、②ターゲット、③広告を

あげることができます。


この必然的に売れる仕組みのポイントを解説するために、 A社という架空の企業を

例にして考えてみます。


まず、A社の商品開発とターゲティングは、全く問題がないとします。


そうすると、A社は、後は、広告を実施しさえすれば、 問題なく売上があがりそうです。


しかし、A社は、広告を大規模に活用しているのに、 思ったほど売上が伸びて

いないとします。


一体、A社が、想定したほど売上が伸びない原因はどこにあるのでしょうか?


この例にあげているA社の前提条件だけで考えると、 間違いなく広告に問題が

あることは明白です。


なぜなら、A社の商品開発とターゲティングには、全く問題がないという前提条件

なので、A社の商品広告をターゲットとする顧客が目にすれば、 商品が売れる確率は

高いはずです。


にもかかわらず、A社の売上が思ったほど伸びていないということは、 ターゲットと

する顧客が広告の内容を気にしていないことが原因の1つ として考えられます。


しかし、A社の商品広告のどこが問題なのでしょうか?


おそらく、A社の商品広告のキャッチコピーに原因があるはずです。


一般的に、広告が効果を発揮するかどうかのポイントは、 キャッチコピー次第と

いわれています。


どんなに顧客のニーズを満たした商品であっても、ターゲットとする顧客が、

その商品を認知してくれることがなければ、その商品にターゲットとする顧客が

興味を持つことはありませんので、商品が売れることはないのです。


要するに、キャッチコピーは、ターゲットとする顧客に、商品を購入してもらう

ための扉ともいえますので、その扉が機能せずに、ターゲットとする顧客が扉の中へ

入ることができなければ、どんなに顧客のニーズを満たした商品であっても、

何時まで経っても売れることはないのです。


ちなみに、キャッチコピーとキャッチフレーズの違いが分からないと言われる方が

多いのですが、キャッチコピーとキャッチフレーズの違い を厳密に気にする必要は

ありません。


なぜなら、キャッチコピーは和製英語なので、キャッチコピーとキャッチフレーズは、

基本的に同様の意味になります。


なお、キャッチコピーの意味としては、人の心を掴むための印象が強い文句と

覚えておけば充分でしょう。


ゆえに、キャッチコピーとキャッチフレーズは、営利目的と営利目的以外の両方に

利用されているのが一般的であるといえます。


このように、キャッチコピーが売上を左右することは明らかなので、 売上が伸び悩んで

いる企業の皆さんは、自社のキャッチコピーを再点検 する必要があるでしょう。