高圧ガス製造事業届出代行


■サービス報酬



■高圧ガス製造事業とは

高圧ガス製造事業とは、高圧ガスでないガスを高圧ガスにしたり、高圧ガスの圧力を

更に上昇させたり、高圧ガスを当該高圧ガスよりも圧力の低い高圧ガスにしたりする

事業のことです。


この事業を行う場合には、処理能力を基準にして、都道府県知事の許可が必要な場合と、

都道府県知事の届出が必要なケースがあります。



下記に該当する場合は、事業所ごとに、都道府県知事へ届出が必要です。

届出が必要な事業者

  • 第1種ガスの1日の処理能力が300m3未満の場合

  • その他のガスの1日の処理能力が100m3未満の場合



上記に該当する事業者が、第2種製造者であり、上記の処理能力を超える設備を保有

する場合は、高圧ガス製造許可が必要になります。


主な第2種製造者に対する規制は、下記の事項があります。


主な第2種製造者に対する規制

  • 技術上の基準に適合するよう製造施設を維持し、技術上の基準に従い高圧ガスを製造すること

  • 従業者に保安教育を施すこと

  • 軽微な変更を除き、製造施設及び製造方法を変更しようとする場合は、事前に都道府県知事に届け出ること

  • 認定を受けた指定設備を使用する製造者にあっては、定期自主検査を行うこと

  • 可燃性ガスの液化ガスを加圧するためのポンプを設置するは、保安統括者、保安技術管理者、保安係員を選任し、製造保安業務を行わせること




第2種製造者であっても、LPガスを含む可燃性ガスの液化ガスを加圧するための

ポンプを設置し、処理能力が30m3/日以上の場合は、保安統括者、保安技術管理者

、保安主任者等の選任が必要です。


■届出に必要な書類

手続きに必要な書類は、下記の通りです。

届出に必要な書類

  • 高圧ガス製造事業届書

  • 製造施設等明細書

  • 登記簿謄本

  • 住民票

  • 法第12条第1項及び第2項の技術上の基準に関する事項

  • 高圧ガス設備の耐圧・気密性能試験成績書写し

  • 特定設備検査合格証写し

  • 指定設備認定証の写し

  • 認定試験者試験等成績書の写し

  • 付近の状況を示す図面

  • 施設の場所及び備配全体位置図



■サービスの対応地域

弊所の高圧ガス製造事業届出のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


高圧ガス製造事業届出を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。