国際希少野生動植物種登録申請代行


■サービス報酬

  • 国際希少野生動植物種登録申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■国際希少野生動植物種とは


国際希少野生動植物種とは、国際的に協力して種の保存を図ることとされている

絶滅のおそれのある野生動植物の種のことです。


個体とは、一個の生物である生きた動植物のことです。


個体の加工品とは、全形を保持している生きていた動植物のはく製や標本のことです。


登録票をともなわない売買、賃借を含む譲渡し等は、種の保存法違反となりますので、

環境大臣への個体登録が必要となります。


手続根拠法は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律第20条です。


■登録申請に必要な書類


登録申請に必要な主な書類は、下記の通りです。


登録申請に必要な書類

  • 国際希少野生動植物種(個体及び個体の加工品)登録申請書

  • 令第四条第一号 の要件に該当する個体又はその個体から生じた器官等 当該個体を繁殖させた場所及び経緯を記載した書類並びに次に掲げる個体の区分に応じ、それぞれに定める書類
    ・その親が法第十三条第一項 の許可を受けた個体又はその個体から生じた器官等 当該親に係る法第十三条第一項 の許可を受けたことを証する書類
    ・その親が法第二十条第一項 の規定により登録を受けた個体又はその個体から生じた器官等 当該親に係る法の規定により交付、書換交付又は再交付を受けた登録票の写し
    ・その親が令第四条第三号 の要件に該当する個体又はその個体から生じた器官等 当該親に係る第三号 又は第四号 に定める書類
    ・上記までに掲げる個体以外の個体又はその個体から生じた器官等 その親を取得した経緯を記載した書類

  • 令第四条第二号 の要件に該当する個体、器官又は加工品 令別表第二の表二の種名の欄に掲げる種の区分に応じ、それぞれ同表の適用日の欄に定める日前に、当該個体、器官又は加工品を本邦内において取得し、又は本邦に輸入した者が記載した当該取得又は輸入に係る経緯を明らかにした書類

  • 令第四条第三号 イ又はロの要件に該当する個体、器官又は加工品 輸入貿易管理令第四条第一項 の規定による輸入の承認を受けたことを証する書類であって通関を証するものの写し

  • 令第四条第三号 ハの要件に該当する個体、器官又は加工品 関税法第六十七条 の規定により交付された輸入許可書の写し、同法第百二条第一項 の規定により交付された輸入に係る通関の証明書の写し又は条約に基づき輸出国の政府機関が発給した輸出許可書若しくは再輸出証明書であって、通関を証するものの写し



■サービスの対応地域


弊所の国際希少野生動植物種登録申請のサポート地域は、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県だけでなく、全国対応とさせて頂いておりますので、その他の

道府県の方も、 当事務所にご相談くださいませ。


国際希少野生動植物種登録申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽

にご相談ください。