危険物取扱所設置許可申請代行


■サービス報酬

  • 危険物取扱所設置許可申請代行報酬

    350,000円(税別)

    ※上記に含まれているのは、申請書作成・書類提出、危険物取扱所完成検査申請
    となっています。

    ※別途、予防規程制定認可申請も必要です。

    ※別途、危険物保安監督者選任届出も必要です。

    危険物保安統括管理者選任届出が必要な場合もあります。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■危険物取扱所とは

危険物取扱所とは、指定数量以上の法令で定められた危険物を取扱う場所のことです。


この施設を設置するためには、工事着工前に消防機関に申請が必要です。


この許可の根拠法は、消防法です。


危険物施設を大別すると、製造所、貯蔵所、取扱所の3つに分類でき、

これらの施設を設置する場合は、各施設毎に、許可を得る必要があります。


危険物の規制に関する政令(危政令)に、取扱所を設置する際の要件が定められており、

その要件は、位置基準、構造基準、設備基準があります。


これらの3つの要件は、危政令においては、給油取扱所(ガソリンスタンド)、

販売取扱所、一般取扱所毎に、個別に基準が定められています。


各種類ごとの主な要件は、下記の通りです。


各種類ごとの主な位置基準、構造基準、設備基準の要件

  • 給油取扱所(ガソリンスタンド)

    ・給油取扱所の給油設備は、ポンプ機器及びホース機器からなる固定された給油設備とすること

    ・固定給油設備のうちホース機器の周囲に、自動車等に直接給油し、及び給油を受ける自動車等が出入りするための、間口十メートル以上、奥行六メートル以上の空地で総務省令で定めるものを保有すること。

    ・給油空地及び注油空地は、漏れた危険物が浸透しないための総務省令で定める舗装をすること。

  • 販売取扱所

    ・第一種販売取扱所は、建築物の一階に設置すること。

    ・建築物の第一種販売取扱所の用に供する部分は、壁を準耐火構造とすること。ただし、第一種販売取扱所の用に供する部分とその他の部分との隔壁は、耐火構造としなければならない。

    ・建築物の第一種販売取扱所の用に供する部分は、はりを不燃材料で造るとともに、天井を設ける場合にあつては、これを不燃材料で造ること。

    ・建築物の第一種販売取扱所の用に供する部分は、上階がある場合にあつては上階の床を耐火構造とし、上階のない場合にあつては屋根を耐火構造とし、又は不燃材料で造ること。

    ・建築物の第一種販売取扱所の用に供する部分の窓及び出入口には、防火設備を設けること。

  • 一般取扱所

    ・危険物製造所の基準を準用移送取扱所



■申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

申請に必要な書類

  • 危険物取扱所設置許可申請書

  • 構造設備明細書

  • 危険物貯蔵・取扱数量算定計算書

  • 危険物製造所等特例適用内容書

  • 事業所全体配置図

  • 製造所等の周囲状況

  • 機器全体配置図(平面図・立面図)

  • 工程概要説明書

  • 工程概要図(フローシート)

  • 機器・装置等の漏れ,溢れ,飛散に対する安全対策

  • 緊急時対策

  • 機器リスト

  • 危政令第9条第1項第20号該当タンクの構造図,タンク基礎図等

  • その他の危険物取扱い機器の構造

  • 建築物、工作物の概要

  • 囲い、油分離装置、ためます、床の傾斜、排水関係図

  • 配管図

  • 避雷設備の概要、電気設備の概要、静電気除去設備の概要、警報設備の概要、
    消火設備の概要

  • 工事に伴う安全対策

  • 危険物等データベース登録書または確認試験結果報告書



■サービスの対応地域

弊所の危険物取扱所設置許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


危険物取扱所設置許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。