危険物保安監督者選任届出代行


■サービス報酬

  • 危険物保安監督者選任届出代行報酬

    50,000円(税別)

    ※上記に含まれているのは、申請書作成・書類提出となっています。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■危険物保安監督者とは

危険物保安監督者とは、危険物の製造所、貯蔵所などでの取扱作業において保安業務

の監督を行う者のことです。


危険物保安監督者は、一定の実務経験がある危険物取扱者の中から選任することに

なります。


国家資格者である危険物取扱者は、一定数量以上の危険物を取り扱かったり、

貯蔵するような、化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等

の施設においては、必ず一定人数を配置する必要があります。


危険物保安監督者を選任しなければならない対象施設は下記の通りです。

危険物保安監督者を選任しなければならない対象施設

  • 製造所

  • 屋内貯蔵所

  • 屋外タンク貯蔵所

  • 屋内タンク貯蔵所

  • 地下タンク貯蔵所

  • 簡易タンク貯蔵所

  • 屋外貯蔵所

  • 給油取扱所

  • 第一種販売取扱所

  • 第二種販売取扱所

  • 移送取扱所

  • 一般取扱所

  • ※指定数量によっては、危険物保安監督者を選任する必要がない場合もあります。



複数の危険物施設の事業所がある場合は、個々の施設ごとに、危険物保安監督者を

選任することになります


指定数量に関係なく、危険物保安監督者を必ず選任しなければならない施設は

下記の通りです。


危険物保安監督者を必ず選任しなければならない施設

  • 製造所

  • 屋外タンク貯蔵所

  • 給油取扱所

  • 移送取扱所



タンクローリーなどの移動タンク貯蔵所は、危険物保安監督者を選任する必要は

ありません。


保安監督者を選任したときは、市町村長等に届け出る義務があります。


危険物保安監督者になれる資格は、下記の通りです。

危険物保安監督者になれる資格

  • 実務経験が6か月以上ある甲種危険物取扱者

  • 実務経験が6か月以上ある乙種危険物取扱者



危険物取扱者は、法令に基づき保安講習を3年に1回受ける義務があります。


■主な業務

危険物保安監督者の主な業務は、下記の通りです。

危険物保安監督者の主な業務

  • 危険物施設保安員への指示

  • 災害が発生したときの応急措置と消防機関への連絡

  • 隣接する施設の関係者との連絡



市町村長等は、危険物保安監督者が消防法等に規定に違反したり、公共の安定の維持

若しくは災害の発生防止に支障がると認定した場合は、製造所等の所有者等に対して

解任を命ずることができます。


■届出に必要な書類

届出に必要な書類は、下記の通りです。

届出に必要な書類

  • 危険物保安監督者選任届出書

  • 実務経験の証明書

  • 選任する危険物保安監督者の危険物取扱者免状の表面及び裏面のコピー



■サービスの対応地域

弊所の危険物保安監督者選任届出のサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


危険物保安監督者選任届出を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。