化粧品製造販売届出代行


■サービス報酬

  • 化粧品製造販売届出代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 製造販売用化粧品輸入届出代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 化粧品外国製造販売業者届出代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 化粧品外国製造業者届出代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■化粧品製造販売届出とは

化粧品を製造販売する際には、事前に、製品ごとに製造販売届書の提出が義務付け

られています。


この届出が完了しなければ、商品を市場に流通させたり、海外から輸入をすることは

できません。


海外から輸入する化粧品を販売する場合は、製造販売届書以外に、

化粧品外国製造販売業者届書、化粧品外国製造業者届書、製造販売用化粧品輸入届書

などの提出も必要です。 


各届出書の提出先は、下記の通りです。

届出書の提出先

  • 化粧品外国製造販売業者届書  

    ・独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

  • 化粧品外国製造業者届書

    ・独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

  • 製造販売用化粧品輸入届書   

    ・関東信越厚生局又は近畿厚生局

  • 化粧品製造販売届書

    ・各都道府県福祉保健局


自社で化粧品の製造販売をするために必要な、その他の手続きは、

化粧品製造販売業許可化粧品製造業許可があります。


■品質標準書の作成

実際に製造販売する各製品の詳細な情報を記載した品質標準書作成し保管しておく

必要がありますが、書類の内容には、下記の項目を記載する必要があります。

品質標準書の内容に必要な項目

  • 販売名

  • 製造販売の届出年月日、輸入届年月日

  • 効能効果(化粧品の範囲を超えないこと)

  • 用法用量又は使用方法、使用上の注意

  • 原料の名称、規格及び配合量(標準的仕込量)

  • 委託製造所の名称、所在地及び許可番号(外国製造所の場合は、届出事項等)

  • 製造方法

  • 製品規格及び試験検査方法

  • 容器、包装形態及び表示内容(容器、表示資材等の規格を含む)

  • 保管条件及び取扱い上の注意事項

  • 製造業者との取り決め内容

  • 出荷判定基準

  • その他必要な事項

  • 制定者

  • 改訂者、改訂年月日、改訂事項及び改訂理由




■許可関係の書類等の整理・保管

許可の内容が、容易に確認をすることができるように、下記の書類等については、

整理・保管が義務付けられています。


整理・保管が義務付けられている書類

  • 化粧品製造販売業許可申請書の控え

  • 化粧品製造販売届書の副本

  • 化粧品外国製造業者届書の副本

  • 化粧品製造販売届書の副本

  • 製造販売用化粧品輸入届書の副本

  • 上記に関する変更届書

  • 製造業者との契約書、成分表、分析結果、試験記録などの製品に関する関係書類



■サービスの対応地域

弊所の化粧品製造販売届出のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


化粧品製造販売届出を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の

場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。