経営基礎知識


起業直後の企業経営初心者の方にとって、経営基礎知識で最も気になることとしては、

経営戦略に関する知識ではないでしょうか?


確かに、企業が成功するポイントは、経営戦略にあるのは間違いないことですが、

上手くいっていない経営者ほど、この基礎知識を正しく理解していないこと

が多いのです。


経営戦略を正しく理解しているかどうかについて、うってつけの成功事例があります

ので、まずは、下記の成功事例を御覧ください。


ある地域に、地場の小さなスーパーがありました。


その地域では、大企業系列のスーパー、食品スーパー、個人商店が乱立していて、

激しい競争状態にありました。


その激しい競争状態の中で、地場の小さなスーパーが、綿密な内外環境分析から、

ある施策を実行に移して、売上を飛躍的に増やすことに成功しました。


その成功の為の主な施策は、下記の2つでした。


①総菜を充実させ、総菜の販売方法も、顧客の利便性を重視した。
②営業時間を深夜まで延長した。


経営戦略を正しく理解できていない方は、上記の施策を見ても、全く目新しいことは

なく、本当に、こんなことで上手くいったのかと思われる方や、上手くいったのは、

運が良かっただけだと思われる方が多いと思います。


そのように思われた方は、戦略を正しく理解できていないことは明らかです。


なぜなら、そのように思われた方は、経営戦略の基本中の基本ともいえる、

「戦わずして勝つ」ということが、頭の中にないからです。


上記の施策が上手くいくことが理解できない企業経営初心者の方は、経営戦略を策定

する前に実施する、内外環境分析の目的も理解できていないでしょうし、その調査方法

も知らない方といえます。


経営は、難しく考えるものではなく、シンプルに考えることが重要です。


世の中の成功している企業の大半は、画期的な経営戦略を考えて上手くいっている

のではなく、経営の原理原則にのっとり、シンプルに考えて成功している企業

がほとんどなのです。


そのような経営の原理原則ともいえる基礎知識を理解せずに、企業経営をする

ことは、車の運転の仕方を知らずに、車を運転するようなものです。


企業経営初心者の方が特に意識すべきことは、企業経営を、必然的に成功

させることです。


一時的に、偶然に成功する企業は数多く存在していますが、その成功要因は、

偶然以外のなにものでもないので、その成功が永遠に続くわけではないのです。


ビジネスは、必然的に成功することこそが重要なのです。


経営の普遍の法則を理解していなければ、必然的にビジネスを成功させることは不可能

でしょうし、ビジネスが不調になった時も、どこに不調の原因があるかさえも絞り込む

こともできないはずです。


そのような経営の普遍の法則を理解していない経営者が、企業経営をしたとしても、

企業経営を成功させることは不可能でしょう。


ゆえに、企業経営初心者の方は、経営の現場で使えない、小難しい経営戦略を

多額の費用と労力をかけて学ぼうとするのではなく、昔から変わることがない、

戦略の基本を理解することに力を入れるべきなのです。


なお、経営で使えるマーケティングと財務の戦略思考を身につけたい方は、当事務所の、

経営者のための経営戦略セミナー」 の受講をご検討くださいませ。