経営企画部の役割


■経営企画部の役割とは


経営企画部の役割とは、社長や経営陣の参謀で、経営者を補佐する羅針盤です。


また、この組織は、経営者に対して自社の進むべき方向を的確に提案を

したり、経営管理をする機能でもあります。


現在の激変する経済環境の中で、事業環境変化に適応し経営計画を達成

する為には、必要不可欠な組織なのです。


経営企画部は、経営企画室と呼ばれたり、社長室という組織で、

この経営企画機能を遂行している企業もあります。


ちなみに、経営企画室や社長室という組織が設置されていない企業では、

経理部財務部が、この組織の役割を果たす必要があります。


また、この組織では、総合予算を作成する役割も担っていますので、

ある程度は、財務管理のスキルが必要となります。


もし、財務管理のスキルは、充分身についているという方がいれば、

財務管理のスキル身についていますか?の頁を御覧頂いて、

ご自身の財務管理スキルのレベルをご確認ください。


経営企画室の役割には、企業経営全般の非常に幅広い業務領域があり、

主な具体的業務は下記の通りです。


経営企画部の主な業務

①外部環境と内部環境の分析をし、マーケットでの成功要因を把握する

②自社の強みと弱みを把握し、課題(ギャップ)を克服し、強みを更に強化する

③経営戦略の策定と中期経営計画や単年度経営計画の策定(総合予算作成含む)

④財務計画の貸借対照表・損益計算書・各種資金表の予算実績管理を実施する

⑤マーケティング業務(組織にマーケ専属部署がない場合)

⑥予算編成業務全体のマネジメント、予算管理制度の確立、予算規定の作成

⑦予算編成業務の問題と課題の解決

⑧新規事業計画立案や既存事業の撤退を判断する

⑨必要に応じて組織の改革と再編をする

⑩株主や投資家へ経営状況、財務状況、業績動向等の情報を発信するIR活動

⑪その他、経営陣の意思決定のサポート


上記以外の業務では、新規事業の法令適用事前調査も担当する場合がございます。


また、経営企画の仕事をするうえで、経営企画部長や経営企画部スタッフ

に必要なスキルとしては、次のようなものがあります。


経営企画部長や経営企画部スタッフに必要なスキル

①情報の取得・評価・解析分析のスキル

②物事を概念化し大枠を捉え全体像を理解するコンセプチュアルスキル

③計画化スキル

④計画や企画書を表現するスキル

⑤コミュニケーションスキル

⑥経営戦略策定スキル

⑦マーケティングスキル

⑧管理会計の業務領域である、総合予算作成スキル

⑨経営分析スキル

⑩経営の見える化のスキル


上記に掲げた、経営企画室の役割の業務の中で、最も責任が重く重要といえる

業務は、下記の業務です。


・内外環境調査分析業務
・経営戦略策定業務
・経営計画作成業務
・予算を達成する為の経営をコントロールする業務


要するに、これらの業務が、この組織の利益貢献度の高い業務なのです。


一般的に、経営戦略と思われている大半は、マーケティング戦略の領域なので、

経営企画部に所属する者にとっては、マーケティング理論は必須といえます。


また、マーケティングの仕事は、マーケティング部の役割ではありますが、

一部の大企業や中小企業では、マーケティング部を設置していない企業

もあります。


そのような企業では、マーケティングの仕事は、経営企画部か営業部で

行われています。


ところで、経営計画作成のスタートラインは、内外環境の調査分析から

はじまりますが、この業務は、最重要の業務ですし、この業務のできいかんで、

事業の成否が決定するといっても過言ではありません。


この内外環境分析をする際に、どこから手をつけるべきか悩んだ経験が

ないという方は、これ以上、この頁をご覧頂く必要がない、非常に能力の高い

方なので、内外環境分析どこから手をつけるべきかの頁を御覧頂き、

ご自身の調査分析スキルのレベルをご確認ください。


次に、経営企画部の、その他の主要業務について説明します。


最初に、経営企画部に所属している方に質問をしますが、社長から、新規事業を

立ち上げて、3年以内にトップシェアを達成して欲しいというミッションを与えられたら、

皆さんは、どうしますか?


このような課題に対して、どうするべきかと何日間も頭を抱えているようでは、

その新規事業が成功する可能性は低いでしょうし、3年以内にトップシェアを

達成することは、夢のまた夢です。


経営に絶対はありませんので、必ず新規事業が成功するとは限りませんが、

新規事業が、成功する確率が高い方法を選択することは簡単です。


それは、激しい企業間競争がある市場にあえて挑み、戦い勝ち抜いていく困難

な道を選択するのではなく、孫子の兵法でいう「戦わずして勝つ」といえる、

競争相手が全くいない市場で確実に売上をあげる方法を選択することが、

ビジネス的には、 成功する確率が高いはずです。


競争相手が全くいない市場であれば、当然、自社がトップシェアであることは

間違いありません。


この説明を聞いて、「戦わずして勝つ」だとか、「競争相手が全くいない市場」

だなんて、ただの理想論だと少しでも思った方は、経営の本質を理解できていません

し、マーケティングの基本も理解できていないと思って間違いありません。


経営で失敗する企業の大半は、企業経営を難しく考えすぎていることが多いのです。


しかし、勘違いしてほしくないことは、経営戦略の策定は、簡単だと主張したい

のではなく、経営戦略は、シンプルに考えることが重要だということを訴えたいのです。


ゆえに、この組織の役割の業務の中で、最も責任が重く重要といえる業務

が経営戦略の策定なのです。


次に、企業は、経営戦略の方向性に基づき、あるべき姿である定性計画や

定量計画で構成された経営計画を作成することになります。


これらの計画は、様々な経営戦略に基づき作成され完成するものなので、

経営企画部の役割である経営計画は、実際の、事業活動や財務活動をする際の、

羅針盤であり、行動指針ともいえるものです。


しかし、計画を作成して、大半の企業が横並びでしているような、

予実管理をしても、経営問題と経営課題が顕在化することはありません。


もし、このことに驚いた方は、経営課題の抽出方法が理解できていないと

いえますので、経営課題の抽出方法の頁を御覧ください。


では、皆さんに、最後の質問になりますが、経営計画達成の壁となることは

なんでしょうか?


経営計画達成の壁とは、経営課題です。


では、経営課題を抽出するためには、何をするべきなのでしょうか?


それは、経営問題を顕在化させる必要があります。


このように、経営課題は、経営問題が明らかにならなければ、把握することもできず、

その課題に対処することすらできないので、経営課題の抽出方法を知ってなければ、

経営をコントロールすることはできません。


経営課題を抽出するために必須の経営管理の手法が、「経営の見える化」です。


経営をコントロールする為には、営業の見える化、財務の見える化、

その他活動プロセスの見える化を実現する必要があります。


しかし、経営の見える化は、実現できればよいのではなく、

経営課題をタイムリーに把握できなければ、経営を管理することは

不可能です。


このように、経営企画部の役割を突き詰めると、内外環境分析・経営戦略・

経営計画・経営の見える化の業務に行き着きますので、これらの業務がこの組織

の役割として最も重要なわけです。


■経営企画部の初心者や未経験者が理解すべきこと


経営企画とは、どんなことをする仕事でしょうか?


経営企画初心者から、真っ先に、聞こえてきそうな答えとしては、経営計画を作成

することがありそうですが、他には、どんな仕事があるでしょうか?


次に、経営企画初心者から、聞こえてきそうな答えとしては、予算実績管理をすること

が考えられますが、他に仕事は、もうないのでしょうか?


そんなことはありません。


経営計画の作成や予算実績管理よりも重要な業務はありますし、その他にも非常に多岐

にわたる業務が存在するのが、経営企画の仕事なのです。


ここで、経営企画初心者の方が理解すべきことは、経営企画の仕事の中で、最も重要な

仕事は何かということです。


仕事には、優先順位というものがあります。


限られた時間の中で、業務を遂行していくためには、全ての業務に対して、同じ時間を

振り分けることは不可能なので、優先順位の高い業務から、業務を遂行する必要がある

わけです。


しかし、経営企画の仕事に携わる方の大半は、経営企画の仕事の中で、優先順位の高い

業務がどれなのかを理解している人は、それほど多くありません。


その一例として、経営企画の仕事に携わる方に、①経営計画作成、②経営戦略策定、

③予算管理、④調査分析の4つの業務を、優先順位付けしてもらうと、ほとんどの方が

正しく優先順位付けをすることができないのです。


このことが物語っていることは、経営企画の仕事に携わる方の大半が、経営の基本を

全く理解していないことを意味しています。


このような現状を踏まえると、経営企画初心者の方は、これから経営企画の仕事を

していくために、経営の基本が、どんなことなのかを理解すれば、後は、そのスキルを

身につける努力さえすれば、大多数の経営企画担当者を上回る、経営企画のスキルを

身につけることができるのです。


経営企画は、一見すると、経営の経験がなければ、対応することが難しい仕事の様に

感じられる方が多いかもしれませんが、経営企画は、経営の基本と重要なポイントさえ

理解してしまえば、企業において、経営企画の仕事を遂行することは、難しいことでは

ないのです。


ゆえに、経営企画部の未経験者や初心者が最初にやるべきことは、経営の基本を

身につけることといえますので、まずは、「競争せず競争を避ける戦略」の頁を

ご覧頂き、経営において最初に考えるべきことが何かを、ご自身の頭で考えること

をお勧め致します。


なお、予算作成の実務経験が無い方は、「はじめての予算作成」の頁を御覧ください。


■経営企画とマーケティングの違い


ある程度の規模の会社になると、会社の組織の中に、経営企画部やマーケティング部が

設置されていますが、この2つの部署で働いた経験が無い方や、働いた経験が浅い方は、

違いが分からないと考える方が多いようです。


そこで、経営企画とマーケティングの違いを明確にするために、それぞれの仕事の役割を

確認したいと思います。


まず、経営企画についてですが、経営企画とは、経営戦略を定め、経営資源の配分を

決定し、短期・中期・長期の経営計画を策定することを主任務とする仕事です。


次に、マーケティングの役割を一言で示すとすれば、マーケティングとは、

「儲ける仕組み作り」のことなので、マーケティングは、儲ける仕組み作りをする

仕事といえます。


最初に、経営企画とマーケティングの役割を簡単に表現してみましたが、

ここまでの説明を見る限りでは、この両者の役割は、全く異なるように

思えるでしょう。


ここで考えなければならないことは、経営戦略の意味についてです。


経営戦略も、色々な説明がされる言葉ではありますが、この言葉の意味をシンプル

に説明すると、経営戦略とは、「競争優位を確立すること」、「強みを活かすこと」

と説明することができます。


しかし、これでは、抽象的で具体的ではありませんので、経営戦略は、全社戦略、

事業戦略、組織戦略を包括したものと考える方が理解しやすいといえます。


経営戦略では、最初に、全社戦略を策定し、次に、その下の階層である、

事業戦略や組織戦略を策定することになります。


それらの戦略を検討する際は、「競争優位を確立すること」、「強みを活かすこと」

を軸にして考えることになります。


経営戦略をこのように考えると、経営戦略の中には、各組織戦略があったり、

事業戦略も含まれていますので、当然、マーケティングも含まれていると考える

ことができます。


そうすると、これで、経営企画とマーケティングの違いが明らかになったと思いますが、

マーケティングとは、経営企画の中の1つの要素にすぎないということなのです。


このように考えれば、経営企画の仕事に携わる人は、マーケティングについて知って

おかなければ、経営戦略を策定することができないといえます。


何故なら、経営戦略の中核は、マーケットでいかに儲けるかを形にした、

「儲ける仕組み作り」のできいかんにかかっているからです。


要するに、経営戦略は、さまざまなことについて策定するのですが、マーケットで

どうやって儲けていくのかが、最も重要なことは説明するまでもありませんので、

経営戦略の中でも、最も重要な戦略が、マーケティング戦略ということになるわけです。


ゆえに、企業において、経営企画とマーケティングが違う部署である場合は、

いくら経営企画部が、会社の方向性を示したしても、それだけで、事業が成功する

わけではありませんので、マーケティング部で策定される、マーケティング戦略が、

事業の成否を左右することになるのです。


そのように考えると、中小企業では、会社の組織の中に、経営企画部は設置されて

いても、マーケティング部が設置されていることが少ないので、経営企画部で、

マーケティングの機能を担う必要があるわけです。


経営企画部とマーケティングは、切っても切れない関係ともいえます。


よって、本質的に考えれば、マーケティングは、経営企画に含まれていることは

明らかであり、経営企画からマーケティングを取り除いてしまえば、経営の中心に

なるものが、無くなってしまうようなものなので、経営企画の仕事に携わる人にとって

は、マーケティングに関する知識は必要不可欠であるといえるでしょう。


■経営企画部とリストラクチャリング


以前は、リストラ = 人員整理解雇 と認識する人が多かったのですが、

現在では、リストラとは、リストラクチャリングの略称であり、リストラクチャリング

の意味は、事業の再構築であることは、かなり浸透しています。


企業においてリストラクチャリングの計画は、経営企画部が主導して策定しています。


リストラという言葉が日本で登場するようになったのは、1990年代のバブル崩壊後

ですが、その当時の日本企業は、それまでの日本独特の雇用体系と、バブル景気後

という状況も重なって、企業に人が溢れていました。


そのような状況の中では、事業の再構築をするうえで、日本企業のリストラの主軸は、

社員を減らすことであったことも影響して、リストラ = 人員整理解雇 と定着した

ようです。


リストラクチャリングの意味と、リストラクチャリングが、何故、人員整理解雇と

認識されていたのかについての説明は以上で終わりますが、業績不振の企業にとって

も、リストラクチャリングは避けては通れないことです。


リストラクチャリングをする際の基本的な考え方としては、最初に肥大化した事業部門

や組織をスリム化し筋肉質にできた後に、会社が目指すべき事業に経営資源を集中し、

徐々に拡大させていくやり方がありますが、この方法を採用する際のポイントは、

会社の方向性を明確にすることです。


会社の方向性で最も重要なことは、どのマーケットで戦っていくのかを

決定することです。


一見すると、これから、どのマーケットで戦っていくのかを決定することは、

当たり前のことで、最も重要なことであるとは思えないと考える方が多いでしょう。


しかし、皆さん考えて下さい。


基本的にリストラクチャリングを検討する企業は、業績不振であることがほとんど

なので、今現在戦っているマーケットでは、負け組なのです。


マーケットにおいて、企業が負け組になっている理由は様々でしょうが、

そのマーケットに特に拘る理由がなければ、手強い競争相手が存在しない、

市場規模が大きなマーケットで戦うことを検討する価値もあるでしょう。


企業理念として、このマーケットで世の中の役に立ちたいといった思いは大切ですが、

企業は、そのような綺麗事だけでは成功することは難しいので、どのマーケットで戦え

ば、容易に利益を稼ぐことができるのかを、もう一度考えるべきなのです。


このようなこともあり、どのマーケットで戦っていくのかを決定することが、

リストラクチャリングにおいては、最も重要であるといえます。


業績不振で経営危機に陥っている企業が、儲からない事業部門を幾つも抱えている

ことは論外といえますので、リストラクチャリングにおいても、事業部門の選択と集中

が必須なのです。


では、どのマーケットで戦っていくのかを決定したり、事業部門の選択と集中をする

ためには、最初に、何をするべきかが問題になってきますが、それも至ってシンプル

です。


このようなことを決定する為には、外部環境を知らなければ、自社がどのように対処

すべきかが明確になりませんので、最初にやりべきことは、外部環境の調査分析という

ことになります。


最初に、外部環境の調査分析をするべきということは、自社の経営戦略を策定する時

と全く同じプロセスなので、リストラクチャリングを実行するにしろ、経営戦略を策定

するにしろ、やる手順について本質的な違いなどないのです。


そうすると、リストラクチャリングの手法として必要なことは、経営戦略の立て方で

あったり、マーケティング戦略の立て方を知ってさえいれば、特に、特別な手法を

知っていなくても、ほとんどの問題に対処することができます。


ゆえに、経営企画部において業務を遂行するためには、基本的な、経営戦略の考え方

や、マーケティング戦略の考え方が重要になってくるわけで、この2つの戦略の立て方

を理解することが、経営企画部の課題を解決することにもなりますし、経営企画部に

所属している方には求められるのです。


なお、マーケティング・財務などの経営戦略策定スキルを身につけたい方は、

弊所の、 「経営者のための経営戦略セミナー」 の受講をご検討くださいませ。