経営企画部に配属された人や転職した人が悩むこと



現在の会社の花形部署といえば、経営企画部マーケティング部ということ

になりますが、経営という大きな視点が必要で、会社の将来の舵取りをする

部署ともいえる経営企画部は、やはり別格の部署といえるでしょう。


この経営企画部という部署は、会社の経営者として働いてみたい方にとっては、

一度は経験すべき部署といえます。


しかし、経営企画の仕事は、誰でも務まるほど簡単な仕事ではありませんし、

企業のあらゆる部門を実際に経験した人でなければ、何をすべきかさえ

分からないでしょう。


経営企画の仕事が単純ではないところは、業務が経営に直結しているからであり、

経営という視点を持ち仕事をしたことがない人には、理解することが難しい

といえます。


一口に経営の視点といっても、なかなか理解することが難しいとは思いますが、

経営という視点を持ち仕事をするためには、ある視点が邪魔になります。


それは、サラリーマンという視点です。


会社で働いている方は、サラリーマンなので、サラリーマンという視点で、

会社の中の様々な現象を捉えてしまうのですが、経営企画部で、仕事ができる

ようになりたいのなら、サラリーマンという視点を捨て、経営者の視点で、

会社の中の様々な現象を捉える必要があるのです。


経営企画部に配属された人や転職した人が悩む原因の根本は、このような本人

の意識の問題なのです。


しかし、経営企画部に配属されたばかりの人や、経営企画部に転職したばかり

の人はご安心ください。


世の中の大多数の経営企画部で働いている人の中で、経営者の視点で、

仕事ができる人はそれほど多くありませんし、経営企画部で働いている人

の多くは、経営企画として決まったルーチン業務をしているだけなのです。


経営企画部の代表的な業務としては、各種調査データ分析、経営戦略立案、

経営計画作成、経営管理、経営会議運営なとがありますが、大多数の経営企画部

で働いている人は、これらの業務を、サラリーマンの視点で考えてしまうので、

外見はもっともらしい仕事をしているように見えますが、中身が伴っていない

ことが多いのです。


そうすると、経営企画部に配属された人や転職した人は、どうすれば経営者の

視点を持って、本来の経営企画の仕事をできるようになるのかと思うこと

でしょう。


それは、それほど難しいことではなく、経営に関する仕事に携わったことが

無い人が意識すべきことは、どうすれば会社が儲かるようになるのかという

一点のみ注意するべきです。


要するに、経営者の視点とは、どうすれば会社が儲かるようになるのかという

観点からものごとを考えることなのです。


何ごとも難しく考えては、物事の本質が見えてくることはありません。


物事の本質は、シンプルに考えてこそ、顕在化してくるものなのです。


企業は、利益を追求し、利益を獲得できてこそ、自分達が理想とする経営理念

を実現することができるのです。


企業が儲けることができなければ、経営理念を実現することは不可能なのです。


ゆえに、特に経営企画部の仕事には、儲けるために各業務をどのように遂行

するべきかを考えることが問われてくるのです。


このような大前提となる考え方が確立していてこそ、様々な経営理論が現場

で活かされることになるわけです。


では、経営企画部の仕事をするうえで必須になるスキルは何かというと、

どうやって儲けるのかを表現する戦略策定スキル、儲ける戦略を実行する

とどうなるのかを客観的に表現した財務計画作成スキル、

計画と実績をコントロールする為の経営の見える化スキルです。


これらのスキルや知識がなければ、経営企画部の役割を果たすことは難しい

でしょうし、これらのスキルや知識があってこそ、はじめて経営企画という

仕事のスタートラインに立つことができるといえるのです。


また、これらのスキルに関する知識があれば、実務に対峙した時に、

何をするべきかを自分の頭で考えることもできるのです。


そして、このようなスキルが身についていると、大所高所から自分の業務を

見つめ直すことができるので、一社員として、経営企画部で働く場合であって

も、自分が担当する業務には、どのような意味があるのかも当然理解すること

ができますし、担当する仕事をよりよいものにするためには、何をすべきか

も明確になるはずです。


ちなみに、経営企画部の仕事では、各種調査データ分析の業務がありますが、

大半の方は、この業務の重要性が理解できていないので、なぜ各種調査データ

分析が重要なのかが分からない方は、内外環境分析どこから手をつけるべきか

の頁を御覧ください。


このように、経営企画部に配属された人や転職した人が悩む原因への対策は、

サラリーマンの視点から、経営者の視点へ転換することと、経営企画部の仕事

をするうえで必須になる、マーケティング戦略策定スキル、財務計画作成スキル、

経営の見える化スキルを身につけることといえるでしょう。


マーケティングの基本やマーケットでの成功要因を理解したい方には、 弊所の、

マーケティング戦略セミナー(入門編)」がお勧めでございます。