経営計画


■経営計画

経営計画とは、企業のあるべき姿と現在の企業の姿のギャップを埋める為の

定性目標と定量目標の計画で、定性計画と定量計画で構成されています。


この計画では、長期・中期・短期の順番で計画を作成し、事業構想を論理的・

客観的に系統立て、将来の損益等の数値が達成可能な具体的アクションプラン

を纏めます。


この経営計画を作成することで、経営管理をすることが可能となります。


経営計画では、経営戦略に基づいた、各種経営目標と、それらの活動結果の

数値計画であり、財務の計画や予算と呼ばれる、財務計画(総合予算)を

作成します。


また、経営計画には、M&Aや株式公開準備の計画がある場合には、

それらの計画も盛り込む必要があります。


一般的に経営計画は、事業計画とも呼ばれており、この計画の作成においては、

経営戦略が最も重要であることはいうまでもありません。


海外との取引がある企業は、為替の影響も考慮して経営計画を作成する

ことになります。


また、経営計画を作成する際は、特に決まったフォーム・フォーマット・

テンプレートを気にする必要はありませんが、自社に適した計画構成

にすることを主眼に考えればよく、この計画のサンプルや雛形にこだわる

必要はありません。


ちなみに、経営計画において作成する、利益計画と資金計画が財務計画です。


この計画を作成する手順としては、最初に長期的な経営ビションに

基づき長期経営計画を整備します。


次に、長期的な経営の方向性とリンクさせて、中期経営計画や単年度経営計画

の異なる時間軸毎に、長期経営計画のあるべき姿と現在の姿のギャップを

埋めるための定量計画と定性計画を立てることになります。


また、どの時間軸の経営計画を作成する際にも、定量計画である、

総合予算の作成は必要です。


尚、経営計画作成の役割を担う部署は、経営企画部か、組織に経営企画部が

存在しない場合は、経理部がその役割を担う部署となります。


■単年度経営計画

単年度経営計画とは、単年度において、長期的な経営の方向性にリンクさせて、

長期経営計画のあるべき姿と現在の姿のギャップを埋める為の定性計画と

定量計画を作成することです。


この計画作成の役割を担う部署は、経営企画室か、組織に経営企画室が

存在しない場合は、経理部がその役割を担う部署となります。


この単年度経営計画は、中長期の経営計画などで策定した経営の方向性と

リンクさせて作成する必要があります。


この計画を予算編成する前に、最初に長期的な経営ビションに基づき

長期経営計画を整備します。


次に、長期的な経営の方向性とリンクさせて、中期経営計画や単年度経営計画

の異なる時間軸毎に、各年度において、長期経営計画のあるべき姿と現在の姿

のギャップを埋めるための定量目標と定性目標を立てることになります。


また、この計画作成の前提条件となるものは、中長期経営計画策定時に

外部環境と内部環境を分析した結果により明確になった課題に対する

経営戦略です。


策定した経営戦略に基づき、単年度経営計画の定量目標を策定して、

総合予算を作成することになります。


そして、この計画において作成した、定量計画と実績を比較することが

予算実績管理です。


予算実績管理を実施することで、計画数値と実績数値のギャップの原因を

特定し、そのギャップを克服する為の具体的な施策を考え改善する業務プロセス

であるPDCAサイクルを運用することができます。


尚、ギャップをタイムリーに特定し、直ちにその課題に対する対策を実施

できるのが優れた企業の条件ですが、一般的な予算実績管理手法では、

予算に対する課題を適時に把握することは不可能です。


■中期経営計画

中期経営計画とは、長期経営計画で設定された経営ビションを、

3~5年(中期)でやり遂げるべき項目を明確にし、企業の進むべき方向性を

具体的に策定する経営計画を立案することです。


この計画は、中計と呼ぶことが一般的です。


中計を策定することは、経営企画室の役割であるので経営企画の仕事

であり、この計画は、定性計画と定量計画で構成されています。


企業に経営企画部が存在しない場合は、経理の仕事や財務の仕事になります。


この中期経営計画を策定するに当たっては、内部環境である

自社の現状分析と外部環境分析が必要です。


外部環境分析をする際は、経済・市場・競合企業等の現状分析や未来予測

をすることで、自社の長所である強みや短所である弱みを分析し、企業内の

様々な課題を明確にします。


また、中計の予算編成の際に外部環境と内部環境の分析をする

際は、定性分析と定量分析の両面から経営分析する必要があります。


そして、中期経営計画にも予算実績管理は必要です。


一般的に、ギャップをタイムリーに特定し、直ちにその課題に対する対策を

実施できるのが優れた企業の条件ですが、一般的な予算管理手法では、

予算に対する課題を適時に把握することは不可能です。


また、中期経営計画に必要な機能は、戦略立案機能と戦略マネジメント

機能で、この役割を果たすのが、経営企画機能(経営企画部門)である

経営企画室です。


そして、中計を達成する為の、経営企画機能を強化するには、

この計画をマネジメントする為に、戦略やシステムを計画立案でき、そのシステム

の運用定着のマネジメントができる、頭と行動力が伴った優秀な人材が

経営企画室には必要になります。


この中期経営計画が事務的作業に成り下がると、企業の活力が失われ

官僚的な企業になってしまい、企業に閉塞感が蔓延する状態になります。


そのような閉塞感を打破するには多大なコストと労力を要することになります

ので、この計画を絵に描いた餅にしない為にも、そのような兆し

が出た時点で、早急に対処出来る経営管理体制が必要になります。


中計を見直す方法としては、ローリング方式とフィックス方式があります。


中計のローリング方式とは、経営環境の変化に応じて、毎期計画を見直す方式で、

ローリング方式においては、見直しをした事業年度を初年度として計画を

作り直す方式です。


中計のフィックス方式とは、途中で計画を見直さない方式です。


尚、予算管理制度は、株式上場審査において大きなウェイトを持っています。


■長期経営計画

長期経営計画とは、長期的な企業のあるべき姿と現状とのギャップを

埋めるための経営計画です。


この計画の作成ポイントは、経営環境を分析し、会社の方向性を決定

することです。


この長期経営計画の作成手順としては、最初に、内外環境分析をすることで、

自社の長所である強みや短所である弱みを分析します。


次に、外部環境のチャンス・脅威・変化の予測をして会社の方向性や経営戦略

を決定し、最後に、会社の方向性や経営戦略を経営目標と経営計画に落とし

込みます。


長期経営計画における長期の期間としては、一般的に、5年~10年の期間と

設定している場合が多いようです。


この計画の立て方の手順を整理すると下記の通りです。


長期経営計画の作り方の手順概要

①社内外の経営環境を分析する
②外部環境のチャンス・脅威・変化を予測する
③会社の方向性や経営戦略を決定する
④経営目標を策定する
⑤経営計画を策定する


また、長期経営計画を作成している企業でも、将来の見通しや、

基本的な経営方針の作成のみで終わっている企業が多くあります。


しかし、経営計画は、定性目標と定量目標を設定し、それらの目標を、

定性計画と定量計画に落とし込んでこそ意味のある経営計画といえますので、

長期経営計画を策定する際も、定性目標と定量目標及び総合予算が必要なのです。


尚、中期経営計画や単年度経営計画は、長期経営計画に沿って、

作成することになります。


なお、総合予算の作成方法の基本スキルを身に付けたい方には、 弊所の、

予算作成セミナーの、基本コースのセミナーが お勧めでございます。