火薬類消費許可申請代行


■サービス報酬



■火薬類消費許可とは

火薬類消費許可とは、一定量以上の花火などを含む火薬類を消費する場合に

必要な許可です。


この手続根拠法は、火薬類取締法第25条です。


一般的に、この許可が必要なケースは、花火大会や、各種イベント等で、

花火を打ち上げる時です。


許可を受けずに消費することのできる火薬類の主な用途は、火薬類取締法施行規則に、

次のように定められています。


無許可で消費できる火薬消費の用途

  • 理化学上の実験の用に供するために消費する場合

  • 射的練習の用に供するために当該練習者が消費する場合

  • 信号又は観賞の用に供するために煙火を消費する場合

  • 映画若しくは放送番組の製作、演劇、音楽その他の芸能の公演、スポーツの興行又は博覧会その他これに類する催しの実施において演出の効果の用に供するために煙火を消費する場合

  • 防霜、防虫、消火演習、気象観測又は気密検査の用に供するために発煙筒を消費する場合

  • 消火又は消火演習の用に供するために消火用煙火を消費する場合

  • 動物の駆逐の用に供するために消費する場合

  • 動物の行動の範囲の調査その他動物に係る調査の用に供するために動物に取り付ける装置であつて、空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報その他の情報を送信し、及び記録するものを動物の駆逐を目的とする調査のために消費する場合

  • 動物の捕獲の用に供するために薬液注入用薬包を消費する場合

  • 建築若しくは建設の工事、土木工事又は工業の用に供するために消費する場合

  • 医療の用に供するために爆薬十一ミリグラム以下の体外衝撃波腎結石破砕機用圧力発生具を消費する場合



なお、上記の用途で火薬類を使用する場合でも、火薬類取締法施行規則に定められ

た一定数量を超える場合は、許可が必要になります。


■申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

許可申請に必要な書類

  • 火薬類消費許可申請書

  • 煙火消費計画書

  • 位置図

  • 見取図

  • その他許可に必要な書面



■サービスの対応地域

弊所の火薬類消費許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、 埼玉県、

神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所にご相談

くださいませ。


火薬類消費許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の

場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。