簡易無線局登録申請代行


■サービス報酬

  • 簡易無線局包括登録申請代行報酬

    200,000円(税別)

    ※上記報酬には、包括登録に係る無線局の開設届出書の作成提出も含んでいます。

    ※弊所では、簡易無線局免許申請にも対応しております。

  • 簡易無線局個別登録申請代行報酬

    75,000円(税別)

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■登録局とは

登録局とは、簡単な登録手続きのみで使用可能な簡易無線局のことです。


簡易無線局を開設するためには、総務省に申請をする必要がありますが、

申請の種類には、「免許局」と「登録局」の2種類があり、使用する無線機の種類

により異なります。


簡易無線局は、申請者が、簡易な事務のために使用する場合や、

個人的用務を行うために限定して使用が可能です。


この無線局は、デジタル簡易無線局とも呼ばれており、主に、企業が業務用通信で

利用したり、イベント等のレンタル機器で利用されることが多いようです。


簡易無線局が開設できない用途については、「簡易無線局免許申請」の頁を

ご覧ください。


デジタル簡易無線局(登録局)特徴は、免許人以外でもレンタルの使用が

可能なことと、種別が3Sのものは上空でも使用可能なことです。


登録局の種類には、個別登録と包括登録があり、その違いは下記の通りです。


個別登録と包括登録の違い

  • 個別登録   

    ・無線機を1台づつ登録

  • 包括登録   

    ・無線機を2台以上一括登録



なお、簡易無線局登録申請手続きに限らず、他人の依頼を受け報酬を得て、各種官公署

などの行政機関に提出する 書類の作成は、行政書士の独占業務であり、行政書士登録を

していない者が、 このような業務を行うことは、行政書士法違反です。


行政書士登録をしていない個人や法人が、簡易無線局登録申請手続きをすることは

できませんし、このようなモグリの業者を利用するのはトラブルの元です。


行政書士法違反をした者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。


■登録申請の流れ

個別登録と包括登録の申請の流れは下記の通りです。

個別登録の審査フロー

  • 申請

  • 審査

  • 登録

  • 登録状交付

  • 開設


包括登録の申請フロー

  • 申請

  • 審査

  • 登録

  • 登録状交付

  • 開設

  • 開設届出(開設から16日以内に提出)



■申請に必要な書類

手続きに必要な書類は、下記の通りです。

申請に必要な書類

  • 無線局包括登録申請書又は無線局個別登録申請書

  • 申請書別紙

  • 包括登録に係る無線局の開設届出書(包括登録のみ)

  • その他申請に必要な書類



■サービスの対応地域

弊所の簡易無線局登録申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、埼玉県、

神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所にご相談

くださいませ。


簡易無線局登録申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の

場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。