重要文化財輸出許可申請代行


■サービス報酬

  • 重要文化財輸出許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

    ※弊所では、重要文化財公開許可申請代行登録美術品登録申請代行にも
    対応しております。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



重要文化財を輸出しようとする時


重要文化財を輸出しようとする時は、文化庁長官の許可が必要です。


手続根拠法は、文化財保護法第44条です。


審査基準は、下記の通りです。


審査基準

  • 国際交流を目的とした展覧会への出品であるか否か

  • 国宝・重要文化財公開取扱注意品目に該当するか否か

  • 展示環境や輸送、梱包等が指定物件の保存に影響を与えるか否か



申請をしてから許可がおりるまでの標準処理期間は45日です。


許可申請書の記載事項は、下記の通りです。


許可申請書の記載事項

  • 記載事項

    ・輸出目的
    ・輸出品目
    ・輸出先国
    ・輸出期間
    ・主催者名
    ・展覧会等名称
    ・展覧会等会場及び会期
    ・保険事項
    ・警備方法
    ・輸送方法



■許可に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。

許可に必要な書類

  • 重要文化財輸出許可申請書

  • 出品品目の写真

  • 展覧会等の概要

  • 展覧会等会場図面(輸出品目の展示箇所と防犯設備等を表示する)

  • 協定書の写(和訳も添付する)

  • 申請者が所有者以外の者である場合は出品承諾書等



■サービスの対応地域


弊所の重要文化財輸出許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


重要文化財輸出許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。