重要文化財公開許可申請代行


■サービス報酬

  • 重要文化財公開許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

    ※弊所では、重要文化財輸出許可申請代行登録美術品登録申請代行にも
    対応しております。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■重要文化財とは


重要文化財とは、文部科学大臣に重要なものとして指定された文化財のことです。


文部科学大臣は、重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、

たぐいない国民の宝たるものを国宝に指定することができます。


文化財の定義は、下記の通りです。


文化財の定義

  • 建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもの並びに考古資料及びその他の学術上価値の高い歴史資料

  • 演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもの

  • 衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの

  • 貝づか、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で我が国にとつて歴史上又は学術上価値の高いもの、庭園、橋梁、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地で我が国にとつて芸術上又は観賞上価値の高いもの並びに動物、植物及び地質鉱物で我が国にとつて学術上価値の高いもの

  • 地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの

  • 周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な建造物群で価値の高いもの



重要文化財の所有者及び管理団体以外の者がその主催する展覧会その他の催しに

おいて重要文化財を公衆の観覧に供しようとするときは、文化庁長官の許可を受ける

必要があります。


手続根拠法は、文化財保護法第53条1項です。


審査基準は、下記の通りです。


審査基準

  • 博物館等の施設の設置者が、重要文化財の公開を円滑に実施するために必要とされる経理的基礎及び事務的能力を有しており、かつ、重要文化財の公開に係る事業を実施するにふさわしい者であること

  • 博物館等の施設の組織等が、次に掲げる要件を満たすものであること

    ・重要文化財の保存及び活用について専門的知識又は識見を有する施設の
    が置かれていること
    ・博物館法第五条第一項に規定する学芸員の資格を有する者であり、文化財の取扱いに習熟している専任の者が二名以上置かれていること
    ・博物館等の施設全体の防火及び防犯の体制が確立していること

  • 博物館等の施設の建物及び設備が、次に掲げる要件を満たし、文化財の保存又は公開のために必要な措置が講じられていること

    ・建物が、耐火耐震構造であること
    ・建物の内部構造が、展示、保存及び管理の用途に応じて区分され、防火のための措置が講じられていること
    ・温度、相対湿度及び照度について文化財の適切な保存環境を維持することができる設備を有していること
    ・防火及び防犯のための設備が適切に配置されていること
    ・観覧者等の安全を確保するための十分な措置が講じられていること
    ・博物館等の施設が同一の建物内で他の施設と併設して設置されているときは、文化財の保存又は公開に係る設備が、当該博物館等の施設の専用のものであること
    ・博物館等の施設が同一の建物内で商業施設と併設して設置されているときは、当該博物館等の施設が、文化財の公開を行う専用の施設として商業施設から隔絶していること

  • 博物館等の施設において、承認の申請前五年間に、法第五十三条第一項に基づく
    重要文化財の公開を適切に三回以上行った実績があること



■許可に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。

許可に必要な書類

  • 重要文化財公開許可申請書

  • 公開の場所を管轄する消防署長の意見書

  • 公開に係る会場の図面

  • 許可申請者が所有者以外の者であるときは、所有者の承諾書

  • 許可申請者が権原に基づく占有者以外の者であるときは、占有者の承諾書

  • 管理団体がある場合において、許可申請者が管理団体以外の者であるときは、
    管理団体の承諾書

  • 管理責任者がある場合において、許可申請者が管理責任者以外の者であるときは、管理責任者の承諾書

  • 昼夜間の警備状況及び非常時における待避計画

  • 当該展覧会等に出品される全作品の目録



■サービスの対応地域


弊所の重要文化財公開許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


重要文化財公開許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。