住居集合地域等における麻酔銃猟の許可申請代行


■サービス報酬

  • 住居集合地域等における麻酔銃猟の許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



麻酔銃猟の許可とは


麻酔銃猟の許可とは、住居集合地域等において、鳥獣による生活環境に係る被害の防止

の目的で麻酔銃猟をしようとする場合に必要な許可のことです。


住居集合地域等で麻酔銃猟をしようとする場合は、都道府県知事の許可を受け

なければなりません。


手続根拠法は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律

第38条の2第1項です。


許可要件は、下記のいずれにも該当しないことです。


許可要件

  • 麻酔銃猟の目的が第一項に規定する目的に適合しないとき

  • 人の生命又は身体に危害を及ぼすおそれがあるとき



許可申請書には、次に掲げる事項を記載することになります。


許可申請書に記載する事項

  • 申請者の住所、氏名、職業及び生年月日

  • 使用する麻酔薬の名称及び量

  • 住居集合地域等において麻酔銃猟をしなければならない理由

  • 捕獲等をしようとする期間及び区域

  • 捕獲等をしようとする鳥獣の種類及び数量

  • 危害の防止のための措置

  • 使用する麻酔銃の所持につき、申請者が現に受けている銃砲刀剣類所持等取締法
    第四条第一項の規定による許可に係る許可証の番号及び交付年月日



許可を受けた者は、麻酔銃猟をするときは、麻酔銃猟許可証を携帯し、

国又は地方公共団体の職員、警察官その他関係者から提示を求められたときは、

提示する義務があります。


許可を受けた者は、次の各号のいずれかに該当することとになった場合は、環境省令で

定めるところにより、麻酔銃猟許可証を、都道府県知事に返納しなければなりません。


麻酔銃猟許可証を返納しなれければならないケース

  • 第十一項の規定により許可が取り消されたとき

  • 第四項の規定により定められた有効期間が満了したとき

  • 第七項の規定により麻酔銃猟許可証の再交付を受けた後において亡失した麻酔銃猟許可証を発見し、又は回復したとき



■許可申請に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。


許可申請に必要な書類

  • 麻酔銃猟許可申請書

  • 捕獲等をしようとする区域を示した書類

  • 危害の防止のための措置を示した書類

  • その他都道府県知事が指定した書類



■サービスの対応地域


弊所の麻酔銃猟許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


麻酔銃猟許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の

場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。