時価総額と企業価値の関係


ビジネスで注目されるキーワードも、ご多分に漏れずサイクルが短くなっていますが、

皆さんは、時価総額経営という言葉を聞いて、どのようなことを想像するでしょうか?


おそらく、時価総額経営と聞くと、企業価値を思い浮かべる方や、ソフトバンクや

ライブドアなどの企業を連想する方もいるでしょう。


この時価総額経営という言葉がビジネスで注目されていた時は、どちらかというと、

時価総額経営に対しては、肯定的意見と否定的意見が対立していたように記憶して

います。


あえて時価総額経営のポイントをあげるとすれば、自社の時価総額を利用した増

による資金調達と、自社の時価総額を利用した、株式交換によるM&Aを挙げる

ことができます。


ちなみに、時価総額の計算方法は、1株当たりの株価に、発行済株式数を掛けて

算出し、株式市場において株価が上昇すればするほど時価総額は大きくなります。


時価総額経営の話に戻りますが、そもそも、時価総額経営という経営手法が存在

するわけではなく、企業の時価総額が大きくなると、企業にとって大きなメリット

があることから、時価総額が増えるような経営を心がけよういうことが時価総額経営

と呼ばれていることといえます。


例えば、売上高が1億円の会社であったとしても、株式市場からの評価が高ければ、

時価総額が数千億円になることも珍しくはないのですが、一般的に、そのような会社

に対する世間の評価は低いようです。


なぜなら、売上高1億円なのに、時価総額が数千億円になるのは間違っており、

そのような大きな時価総額は一時的にすぎず、その企業の人気が無くなれば、

売上高1億円に相応しい時価総額に落ち着くはずだと思う方が多いからです。


確かに、時価総額が急激に大きくなった企業の大半は、企業の実態に相応しい

時価総額に戻っていくのですが、全ての企業がそのようになるのではありません。


例えば、売上高1億円のA会社が、時価総額数千億円になった時に、大規模な増資

により数千億円を資金調達して、売上高が数千億円の企業を買収したり、

自社の時価総額を利用して、株式交換によるM&Aにより、売上高が数千億円の企業

を買収してしまえばどうなるでしょうか?


売上高1億円のA会社は、時価総額が数千億円だけでなく、売上高も数千億円の企業

に変身しているのです。


仮に、株式市場での評価が急に下がってA会社の時価総額が低くなったとしても、

A会社の実態は、数千億円の企業ということに変化はないのです。


このような説明を聞いても、株式市場に馴染みのない方は、そのようなことが

本当にありえるのかと思ったり、ある種数字のマジックで、ある意味いかがわしい

と思う方もいることでしょう。


この様な点が、時価総額経営が批判されるところなのです。


極端に説明すると、世の中の多数派の見方としては、将来どうなるか分からない

様な小さな会社が、株式市場からの期待だけで大きな時価総額を持ち、誰しもが

知っているような大企業を、金の力にモノを言わせて、奪い取っていくように

見えるのでしょう。


このような時価総額経営で一世を風靡したのが、ホリエモンこと堀江貴文氏です。


堀江貴文氏は、彼自身のキャラクターと時価総額経営という、世間的に反感を

持たれやすい経営手法があだとなり、時代の寵児から転落していったのです。


しかし、勘違いしていけないことは、堀江貴文氏の時価総額経営は違法なこと

ではなく、合法的な株式市場というマーケットを利用した経営手法なのです。


株式市場も弱肉強食のマーケットなので、いくら売上高が大きくても時価総額が

小さな企業は、売上高の小さな時価総額が大きい企業に、飲み込まれてしまう

可能性があるのです。


要するに、株式市場に上場している企業が、時価総額を増やそうとせず、

売上高の小さな時価総額が大きい企業に買収されそうになったとしても、

自業自得なのです。


そうすると、時価総額とは、企業価値といえるのではないかと考える方も

いるかと思いますが、時価総額とEVを同列視することは適切ではないと考えます。


何故なら、時価総額は結果であり、企業価値は、時価総額との対比で考えると

原因といえます。


企業は、優れた人材がいてこそ、さまざまな価値を生み出せるようになります。


企業価値が高い企業は、優れた人材が、優れたマーケティング戦略で優れた製品

やサービスを生み出し、その製品やサービスのブランド価値を高め、その優れた

製品やサービスを自社がターゲットとする顧客に認知してもらい購入してもらう

仕組みを作りあげているからこそ、企業価値が高いのです。


要するに、企業価値が高い企業は、株式市場においても、大きな時価総額を維持

し続けることは可能でしょうが、企業価値が低い企業は、株式市場においても、

大きな時価総額を維持し続けることは不可能なのです。


経営は、偶然ではなく、必然が求められます。


偶然に、時価総額が大きくなったたげでは、直ぐに企業価値に見合った時価総額

になってしまいますので、企業価値を向上させなければ、時価総額を大きくする

ことはできないはずなのです。


ゆえに、時価総額と企業価値は全く別物といえるわけです。


このように、時価総額と企業価値の関係は、原因と結果の関係と説明することが

できますので、時価総額を大きくしたければ、企業価値を高める企業努力が必要

になるのです。