保安林内立木伐採許可申請代行


■サービス報酬

  • 保安林内立木伐採許可申請代行報酬

    500,000円(税別)

    ※現地調査が必要な際は、別途日当と旅費交通費が必要な場合がございます。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■保安林とは

保安林とは、公益目的を実現するために、農林水産大臣又は都道府県知事が

森林法第25条に基づいて、伐採や開発に制限を加えた森林のことです。


保安林内の立木を伐採する場合は、都道県知事の許可をうける必要があります。


この許可の手続根拠は、森林法第34条第1項で、手続対象者は、立木の伐採を

行おうとする者です。


森林法の目的は、下記の通りです。

  • 森林計画、保安林その他の森林に関する基本的事項を定めて、森林の保続培養と森林生産力の増進とを図り、もつて国土の保全と国民経済の発展とに資することを目的とする



また、下記のいずれかに該当する場合は、許可を受けていなくても、立木の伐採は

可能です。

許可が必要ないケース

  • 法令に基づく処分により伐採の義務のある者が伐採する場合

  • 森林法に規定する択伐による立木の伐採をする場合

  • 森林法の規定により地域森林計画に定められている森林施業の方法及び時期に関する事項に従つて立木の伐採をする場合

  • 森林所有者等が森林法に基づく許可を受けて伐採する場合

  • 火災、風水害その他の非常災害に際し緊急の用に供する必要がある場合

  • 除伐する場合

  • その他農林水産省令で定める場合



下記のいずれかに該当する場合も、許可を受けていなくても、立木を損傷し、家畜を

放牧し、下草、落葉若しくは落枝を採取し、又は土石若しくは樹根の採掘、開墾その他

の土地の形質を変更する行為が可能です。

許可が必要ないケース

  • 法令に基づく処分により、この行為をする義務のある者がその履行とする場合

  • 森林所有者等が森林法に基づく許可を受けてする場合

  • 森林法の規定に基づいてする場合

  • 火災、風水害その他の非常災害に際し緊急の用に供する必要がある場合

  • 軽易な行為であつて農林水産省令で定めるものをする場合

  • その他農林水産省令で定める場合



■申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

許可申請に必要な書類

  • 保安林内立木伐採許可申請書

  • 図面(縮尺5千分の1程度で、伐採する区域等を示したもの)

  • 森林所有者の伐採同意書、伐採契約書写しなど

  • 伐採完了後30日以内に提出する書面

    ・保安林内立木伐採届出書

  • その他許可申請に必要な書類



■サービスの対応地域

弊所の保安林内立木伐採許可申請のサポート地域は、全国対応となって

おりますので、どの地域の方も、当事務所にご相談くださいませ。


保安林内立木伐採許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。