廃棄物再生事業者登録申請代行


■サービス報酬

  • 廃棄物再生事業者登録申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



廃棄物とは


廃棄物とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、

動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもののことです。


廃棄物の再生を業として営んでいる者は、その事業場について、当該事業場の所在地を

管轄する都道府県知事の登録を受けることができます。


手続根拠法は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第20条の2第1項です。


廃棄物再生事業者の登録基準は、下記の通りです。


登録の要件

  • 廃棄物が飛散し、流出し、及び地下に浸透し、並びに悪臭が発散するおそれのない保管施設を有すること

  • 生活環境の保全上支障を生じることのないように必要な措置が講じられた次に掲げる施設を有すること

    ・古紙の再生を行う場合にあつては、当該古紙の再生に適する梱包施設
    ・金属くずの再生を行う場合にあつては、当該金属くずの再生に適する選別施設及び加工施設
    ・空き瓶の再生を行う場合にあつては、当該空き瓶の再生に適する選別施設
    ・古繊維の再生を行う場合にあつては、当該古繊維の再生に適する裁断施設
    ・上記までに掲げる廃棄物以外の廃棄物の再生を行う場合にあつては、当該廃棄物の再生に適する施設

  • 廃棄物を再生したものの運搬に適するフォークリフトその他の運搬施設を有すること

  • 事業を的確に、かつ、継続して行うに足りる経理的基礎を有すること

  • その他事業を適正に行うことができる者であること



■登録に必要な書類


登録には、下記の書類が必要になります。


登録に必要な書類

  • 廃棄物再生事業者登録申請書

  • 事業計画の概要を記載した書類

  • 事業の用に供する施設の構造を明らかにする平面図、立面図、断面図及び構造図

  • 法人である場合には、定款又は寄附行為及び登記事項証明書

  • 個人である場合には、住民票の写し

  • 業務経歴を記載した書類

  • その他事業を適切に行うことができる者であることを明らかにするために必要と認める書類



■サービスの対応地域


弊所の廃棄物再生事業者登録申請のサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


廃棄物再生事業者登録申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。