銀行が融資を断る理由


皆さんは、銀行が融資を断る理由を知っていますか?


経営者はもとより、経理部財務部に所属している方も、銀行が融資を断る理由を

知っておくべきです。


皆さんが、事業計画書の作成をしたとしても、銀行から融資を断られる可能性

も考慮しておくべきでしょう。


銀行が融資を断る本当の理由を知らなければ、銀行から希望の金額を融資してもらう

ことは難しいでしょうから、銀行が融資を断る本当の理由を 知る必要があります。


ところで、銀行が企業に融資をする際は、銀行は、必ず返済できると思った企業に

しか融資をするはずがないのは当然なことです。


その様な背景があり、大半の企業では、自分の会社はこれだけ儲かるから、

融資を受けた金額は必ず返済できますよとアピールする為に、中期経営計画 (中計)と

称した、3年~5年間の次の様な財務計画を銀行に提出しようとします。


①損益計算書(PL)
②バランスシート(貸借対照表・BS)
③キャッシュフロー計算書(資金繰り表)


しかし、本当に、銀行は、企業から提出された上記の様な計画表だけを見て、

融資を実行してくれるのでしょうか?


間違いなく、事業計画書の数値計画だけを見て、融資するような銀行は絶対ありません。


どこの世界に、机上の空論でしかない数字だけを見て、 お金を貸してくれる人がいる

でしょうか?


間違いなく、計画された数字の根拠があるのかを確認する為に、 下記の様な項目に

ついて質問をしてくるはずです。


・自社が事業を行っているマーケットはどんなマーケットですか?
・顧客のニーズを把握していますか?
・競合企業は、どんな商品やサービスを提供していますか?
・内外環境分析をする目的を説明して下さい
・顧客にどんな価値を提供していますか?
・差別化戦略を選択する本当の理由を説明してください
・セグメンテーションをする本当の理由を説明して下さい
・自社のターゲットとするクライアントを教えて下さい
・ポジショニングをする本当の理由を説明して下さい


企業が、上記の項目について、的確に答えることができなければ、 銀行からは、

何も考えずに数字の計画を作成したと思われるでしょうし、 その企業には、

企業を経営する能力がある人が誰もいないと見なされる はずです。


要するに、銀行から融資をしてもらうために重要なことは、 机上の空論の数値計画

ではなく、自分の会社がどうやって儲けるのか という具体的な方法を銀行に伝える

ことが最も重要なのです。


よって、銀行が融資を断る本当の理由は、企業がどうやって儲けるのかが明確では

ないからなのです。


ゆえに、銀行に融資を申し込む場合は、どうやって儲けるのかを的確に表現した

マーケティングに関する資料が必要になるわけです。


このように、銀行が融資を断る本当の理由を知っておくことも、 経営において重要な

ことといえますし、中小企業の経営者が、CFO(最高財務責任者)の役割を果たすため

にも、必須のこといえますので、銀行が融資を断る本当の理由を 知っておくことが、

融資審査のポイントを把握することでもあります。