月次決算


月次決算とは、企業が経営状況を把握し、適切な経営判断をするためには

欠かせないものです。


月次決算は、基本的に年次決算に準じた会計処理で実施するべきであり、

月次決算は、その目的からも精度よりも早さが求められます。


企業において、月次決算業務は、経理部の役割であり、基本的な経理の仕事です。


この月次決算は、財務会計ではなく、管理会計の位置づけで実施すべきものなので、

月次決算は、予算管理を意識した内容とするべきです。


また、月次決算では、年次決算に準じた会計処理で実施するので、

減価償却費や貸倒引当金も当然計上することになります。


利益に大きな影響を与える事業年度全体で発生する費用も、月割り計上するなどして

毎月の費用として計上し、月次決算に反映させるべきです。


そして、 月次決算の目的は、早期に予算実績管理をして、損益状況・財務状況を把握し、

予算と実績との差である課題に対する対策を迅速に取る為に実施することです。


ゆえに、月次決算は実施するだけでは意味がなく、迅速化し、経営管理に役立つことが

非常に重要です。


月次決算の目的の為にも、月次決算を早期化する為に、月次決算の進め方や流れ・

手順をシステム化する必要があります。


ちなみに、月次決算の早期化だけでは経営改善の役にはたちませんが、そのことが

理解できていない方は、月次決算の早期化の頁を御覧ください。


この月次決算は、経理部門の業務プロセス改善だけでは限界がありますので、

会社の全ての組織の協力が必要になります。


また、月次決算では、月次で予算と実績を比較分析することにより、会社全体の結果

だけではなく、部門別損益や店舗別損益等のセグメント別損益も明確になりセグメント

分析を可能にします。


月次ベースで各セグメントの状況も把握できるので、各セグメントの損益の進捗状況を

掴む為にも、月次決算は必要不可欠です。


そして、月次決算を作成して損益計算書(PL)だけを予算管理するのではなく、

バランスシート(貸借対照表・BS)や資金繰り表などの資金収支についても、

予実管理をすることで、資金繰りを改善し、財務体質の改善・強化を

することが出来ます。


また、月次決算を実施していれば、金融機関から借入れをしている場合に

資料提出を求められた場合でも直ぐに対応できますし、銀行から月次決算の

提出を求められる前に資料の提出をすれば、更に銀行の心象も良くなり、

銀行との信頼関係を強化できます。


月次決算は企業規模に関わらず早期化が重要である為、月次決算の完成が翌月の

10日前後になっている企業は、月次決算を早期に構築出来る体制を実現する為に、

日常業務の処理体制から抜本的に見直す必要があります。


尚、主な月次決算が遅れる原因と主な月次決算早期化のポイントは下記の通りです。


主な月次決算が遅れる原因

①取引先からの請求書の到着が遅い。
②伝票をまとめて起票している。
③経費精算を随時行っている。
④キャッシュレス化が進んでいない。
⑤伝票などの手書きの作業が多い。
⑥取引の承認数が多い。
⑦業務が標準化されていない。
⑧月次決算に対する社員の意識が低い。
⑨現預金残高を日々合わせていない。
⑩経理業務の分散化ができていない

主な月次決算早期化のポイント

①厳密に処理する項目とざっくりと処理する項目を区分する。
②売上原価や販管費などの経費の発生や債権・債務を日時で把握する。
③月次決算チェックリストを作成する。
④現預金残高は日々残高を合わせておく。
⑤定型的な処理はパターン化する。
⑥月次決算のスケジュールを作成し、役割分担を明確にする。
⑦領収書や請求書等の証憑は日付順に整理して保管する。
⑧キャッシュレス化の為に、現金残高を必要最小限にし、
経費精算はインターネットバンク(ファームバンキング)を利用する。
⑨経費精算は定期的に行う。
⑩伝票などの手書きでの作業を可能なかぎり減らす。
⑪取引の承認数を減らす。
⑫締め日を変更する。
⑬各部門の業務の標準化。
⑭経理業務の分散化。
⑮正確な発生ベースの金額の算定が困難な場合は見積計上で処理する。