月次決算の目的


毎月タイムリーに業績を把握するためには、月次決算は必要不可欠なので、

この業務を実施している企業は多いのですが、経理の仕事である本当のこの業務

の目的を理解できている企業は少ないのではないでしょうか。


一般的に考えられている主なこの業務の目的としては、下記の項目があります。

①早期に経営状態を把握して、予算の達成率や財務の改善状況を検証し、
経営活動にフィードバックするため。

②月次決算をすることで、年次決算着地見込を早期に把握して、節税対策や納税資金準備等の決算対策のため。

③金融機関等から最新の経営資料の提出を求められた場合でも直ぐに対応するため。


上記の主なこの業務の目的を見ても、何故、月次決算をすべきなのかが理解できそう

ですが、もう少し、具体的にこの業務の目的を説明すると、 経営上の問題点を把握し

迅速に課題を解決するためです。


しかし、本当に、経理部において、月次決算をするだけで、 そのようなことが可能

なのでしょうか?


結論から説明すると、この業務をするだけでは、経営上の問題点 (財務上の問題点)

を把握することはできません。


このように説明すると、驚かれる方や、そんなことはないと反論される方も多い

でしょうが、それは事実なのです。


ここで、この頁を御覧の皆様に質問しますが、経営問題(財務問題)はどの様な時に

顕在化するのかご存知でしょうか?


この質問に答えられなければ、企業において、月次決算の目的を果たすことは

できませんので、質問に答えられない方は、引き続きこの頁を御覧ください。


そもそも、問題とは、理想の状態と現実の状態のギャップのことなので、 理想の状態が

明確でなければ問題があることすら認識できるはずはありません。


だとすると、経営問題(財務問題)を把握する為には、理想の状態である、 BS、PL、CF

の予算を作成し、現実の状態である実績のBS、PL、CFを 作成する必要があるわけです。


ゆえに、この業務を実施して、現実の状態だけが分かったとしても、 理想の状態である

予算が準備できていなければ、経営問題(財務問題)を 発見することはできないのです。


そして、この業務の目的を考えるうえで、もう一つ意識しておくべき重要なことが

あります。


それは、予算を作成し、この業務を実施するだけでは、具体的な経営問題 (財務問題)を

把握することはできないということです。


このように説明すると、理想の状態である予算を準備して、月次決算をすれば、

経営問題(財務問題)を発見できると説明したばかりではないかと反論されそうですが、

これもまた事実なのです。


この点を説明する前に、皆さんは、原因と結果の関係をご存知でしょうか?


例えば、暴飲暴食という原因があれば、体重が60キロから65キロへ 5キロ増加する

という結果に至ります。


これを月次決算に当てはめると、販売戦略の誤りにより、売上計画1億円に対して、

売上実績5千万円という結果に至るというような感じになります。


月次決算において、売上計画1億円に対して、売上実績5千万円であれば、 月次計画は

未達という結果であったことは明らかですが、何故、月次計画が 未達になったのか

という本当の原因は、売上計画と売上実績の差額である未達数字を見ただけでは

分からないのです。


当たり前のことですが、本当の未達の原因は、結果を引き起こした原因が把握でき

なければ、分かるはずがありません。


ゆえに、予算を準備して、この業務を実施するだけでは、具体的な経営上の問題点

(財務上の問題点)を把握することはできないのです。


要するに、予算を作成し、月次決算をして、予算実績差異分析をするということは、

経営問題(財務問題)を把握する為のスタートラインであり、 この業務予算管理は、

大局的な観点から会社の経営状態を捉える為に必要不可欠な業務といえます。


そして、経営問題(財務問題)がどこにあるのかが把握できれば、 後は、その原因を突き

詰めていけば、計画と実績のギャップの本当の原因を特定することができるわけです。


しかし、ここで考えねばならないことは、どのようにして計画と実績のギャップの真の

原因を突き詰めるていくかということです。


原因を突き詰める適切な方法がなければ、計画と実績のギャップを 突き止めることは

できませんし、本当のギャップの原因が究明できなければ、 業績の向上や財務体質の

改善は難しいでしょう。


でも、ご安心ください。 このような、計画と実績のギャップの真の原因を把握する為

の方法こそが、 経営の見える化です。


経営の見える化とは、自社の経営課題を的確に把握する為の仕組みです。


見える化の対象範囲は、重要目標達成指標 (KGI=Key GoalIndicator)の各プロセスの

パフォーマンスである重要業績評価指標(KPI=key performance indicator)です。


よって、この業務の目的を果たすために必要なことは、重要業績評価指標を、

経営の見える化にて、 計画と実績のギャップの真の原因を突き詰めることなのです。


このように、月次決算の実務ができるだけでは、この業務の目的を果たすことは

できませんので、月次決算の目的でもある経営管理(財務管理)の基本スキルを

身につけるために、予算作成のスキルを身につけ、経営の見える化のスキルを

身につけることが必要であることは御理解頂けることでしょう。