外国人を採用したい


外国人を正社員として採用するケースでは、 外国人留学生を採用する場合と、

他社で既に就労していた人材を中途採用するケースに大別できます。


外国人留学生を採用する場合は、一般的に文系の学生、理系の学生ともに、

「留学」の在留資格で日本に居住しているので、「留学」から、

「技術・人文知識・国際業務」という就労系在留資格にビザ申請手続きする

ケースが大半です。


手続きの際は、留学生が大学等で学んだ学科科目と、会社の業務内容についての関連性

を証明する必要があります。


また、他社で既に就労していた人材を雇用する場合は、基本的に、雇用後の職務内容が、

前職の職務内容と変わらなければ、次回の在留資格更新時まで手続きが不要となります。


外国人労働者を採用する場合は、旅券(パスポート)又は在留カード等により、

下記の事項を確認する必要があります。


外国人労働者を採用する場合に確認すべき事項

  • 在留資格

  • 在留期間

  • 在留期限



在留資格を取得後に職務内容が大きく変更される場合は、虚偽申請とみなされる

可能性がありますので要注意です。


外国人を採用する方法の1つとして、ハローワーク等の公的機関でも、外国人を募集

することができます。


外国人を募集できる東京の公的機関

  • 新宿外国人雇用支援・指導センター

  • 東京外国人雇用サービスセンター



ちなみに、外国人採用のメリットやデメリットは、下記の通りです。


外国人採用のメリット

  • 各国文化に精通した高い語学力を備えた優秀な社員の確保

  • ダイバーシティ(多様性)による企業の活性化



外国人採用のデメリット

  • 入国管理局へ就労ビザ申請や更新が必要

  • ハローワークへ外国人雇用状況の届出が必要

  • 文化や習慣の違いによる採用後のコミュニケーション



外国人を採用したい企業の方は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の場所に拠点を置く、

行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談ください。