5F分析(5つの競争要因と3つの基本戦略)


5F分析は、経営戦略のバイブルともいわれている、マイケルポーターの著書

「競争の戦略」の中で紹介された、知らない人がいないくらい有名な環境分析

のフレームワークです。


しかし、経営企画部マーケティング部に所属している方や経営者の方でも、

5F分析の効果的な活用方法を知っている方は、それほど多くはないようです。


このファイブフォース分析では、企業の外部環境の中でも、事業の成否にかかわる

マーケット構造の分析に特化した外部環境分析手法なので、 3C分析と共に、

マーケットでの成功要因を掴むためには、 必要不可欠なフレームワークです。


5F分析という位なので、競争を左右する要因には、5つの競争要因があるという

ことになるのですが、その5つの競争要因とは下記の通りです。


■5つの競争要因

・業界競合企業 ・・・マーケット内の力関係
・買い手の交渉力・・・顧客との力関係
・売り手の交渉力・・・サプライヤーとの力関係
・新規参入の脅威・・・参入障壁の高さ
・代替品の脅威 ・・・他業界で代わりになりうるもの 上


記の5つの競争要因を確認すると、ビジネスをするうえで、どの要素も自社の競争力

に大きな影響を及ぼす項目ばかりなので、マイケルポーターが 5つの競争要因として

重要視していることも納得できるでしょう。


しかし、この5つの競争要因の中でも当然、優先順位がありますので、

その優先順位が高い項目を中心にして、その他の項目は、参考程度に調査することが、

ファイブフォース分析のやり方の基本となります。


これらの5つの競争要因について情報収集をした後は、各情報を、 自社にとって

チャンスとなりうるのか、自社にとって脅威となりうるのかという基準で分類すると、

戦略を考えやすくなります。


次に、5フォース分析では、5つの競争要因について分析した後に、 戦略を決定する

ことになるのですが、マイケルポーターは、企業が競争優位性を確保する経営戦略

には3つの基本戦略があると提唱しています。


その競争戦略は次の通りです。


■競争戦略(3つの基本戦略)

①コストリーダーシップ(低コスト・低価格で競争に勝ち抜く)
②差別化(他社との違いを前面にだし競争に勝ち抜く)
③集中(特定のマーケットに経営資源を集中し競争に勝ち抜く)


マイケルポーターは、企業の基本戦略としては3つあるといっていますが、

低価格戦略を採用するか、差別化戦略を採用するかを決定した後に、 全方位型で

いくか、特定のマーケットに特化するのかを決めることになるはずなので、

企業の基本戦略は、実質的には2つになるはずです。


なぜなら、全方位型でいくか、特定のマーケットに特化するかは、 企業規模によって

変わることが経営の常識であり、経営資源の乏しい、 中小企業が全方位型戦略を

採用して、経営資源に優る大企業に 勝てる可能性が低いことは、誰しもが理解できる

ことです。


ちなみに、経営資源の乏しい中小企業が特定のマーケットに特化する戦略は、

ランチェスター戦略の弱者の取るべき戦略であり、弱者の取るべき戦略とは、

差別化して、一点集中し、ある特定のセグメントでNo.1を目指すことです。


ゆえに、大企業では、全方位型戦略、特定のマーケットに特化する戦略の

どちらでも採用できますが、中小企業は、マーケットで勝てる可能性を考慮すれば、

必然的に、特定のマーケットに特化する戦略を採用すること になるはずなのです。


このようにして、会社の基本経営戦略を策定するのですが、基本となる戦略が策定

されると、会社をどのようにして運営していくのかも大枠では決まって くること

になりますし、会社の収益性も固まってきます。


例えば、コストリーダーシップ戦略では、製品の原価を押さえる為に、 大規模な

設備投資を実行して大量生産体制を実現する必要がありますし、 オペレーションコスト

を削減して、薄利多売でも利益がでる体質に転換することが必要になります。


5フォース分析は、非常に実用的なフレームワークではありますが、 重要成功要因

であるKSFを把握する為なら、基本的には、3C分析を利用すれば充分といえるでしょう。