ドローン飛行許可承認申請代行


■サービス報酬

  • ドローン飛行許可承認申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■無人航空機とは


無人航空機とは、航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、

飛行船その他政令で定める機器であつて構造上人が乗ることができないもののうち、

遠隔操作又は自動操縦飛行させることができるもののことです。


重量が200グラム未満の、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等は、無人飛行機には

該当しません。


平成27年12月10日からドローンやラジコン機、産業用無人ヘリコプターなどの

無人航空機を飛行させる場合は、国土交通大臣の許可が必要になり規制強化されます。


根拠手続法は、航空法第132条です。


許可を受けずに、ドローンやラジコン機、産業用無人ヘリコプターなどの無人飛行機を

飛行させた場合は、50万円以下の罰金に処されます。


無人航空機を飛行させるにあたり 国土交通大臣の許可が必要な空域は、

下記の通りです。


許可が必要な空域

  • 空港等周辺上空の空域

  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域

  • 人又は家屋の密集している地域上空



人又は家屋の密集している地域上空とは、平成22年国勢調査結果に基づく人口集中地区

の上空です。


人がいなような農地、私有地、河川敷等で無人飛行機を飛行させる場合も、ドローンや

ラジコン機、農薬散布用ヘリコプターなどの無人飛行機の操作を誤ることで、近隣の人

や物件に危害を及ぼす可能性があるので許可は必要です。


申請をするタイミングは、飛行開始予定日の10開庁日前までに申請書を

提出する必要があります。


また、空港等の周辺又は地上等から150m以上の高さの空域でドローンを飛行

させる場合は、空港事務所に申請します。
 

上記以外の場所でドローンやラジコン機、産業用無人ヘリコプター等を飛行させる

場合は、国土交通省に申請することになります。


申請の注意点は、国土交通大臣の許可承認を得ただけでは不十分なケースが

あることです。


例えば、ドローンを飛行させる場所が私有地の場合は、その所有者の許可が必要と

なりますし、都道府県や市町村などが管理する場所で、ドローンを飛行させる場合は、

地方自治体の許可も必要となります。


許可等の期間は原則3ヶ月以内となっていますが、申請内容を変更する可能性

がなく、継続的に無人航空機を飛行させることが明らかな場合は1年を限度とする期間

の許可を受けることもできます。


許可承認の基準 は、下記の通りです。


許可承認の基準

  • 機体の機能及び性能

  • 無人航空機を飛行させる者の飛行経歴・知識技能

  • 安全を確保するための体制



無人航空機の機能・性能に関する基準は、下記の通りです。


無人航空機の機能・性能に関する基準

  • 遠隔操作の機体

    ・特別な操作技術又は過度な注意力を要することなく、安定した離陸及び着陸ができること
    ・特別な操作技術又は過度な注意力を要することなく、上昇、前後移動、水平方向の飛行、ホバリング(回転翼機)、下降等の安定した飛行ができること
    ・緊急時に機体が暴走しないよう、操縦装置の主電源の切断又は同等な手段に
    より、モーター又は発動機を停止できること
    ・操縦装置は、操作の誤りのおそれができる限り少ないようにしたものであること
    ・操縦装置により適切に無人航空機を制御できること

  • 自動操縦の機体

    ・自動操縦システムにより、安定した離陸及び着陸ができること
    ・自動操縦システムにより、上昇、前後移動、水平方向の飛行、ホバリング
    (回転翼機)、下降等の安定した飛行ができること
    ・あらかじめ設定された飛行プログラムにかかわらず、常時、不具合発生時等において、無人航空機を飛行させる者が機体を安全に着陸させられるよう、強制的に操作介入ができる設計であること



無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認基準は、

下記の通りです。


無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認基準

  • 飛行経歴

    ・無人航空機の種類別に、10時間以上の飛行経歴を有すること

  • 知識

    ・航空法関係法令に関する知識を有すること

    (安全飛行に関する下記知識を有すること)
    ・飛行ルール(飛行の禁止空域、飛行の方法)
    ・気象に関する知識
    ・無人航空機の安全機能(フェールセーフ機能等)
    ・取扱説明書に記載された日常点検項目
    ・自動操縦システムを装備している場合には、当該システムの構造及び取扱説明書に記載された日常点検項目

  • 能力

    (飛行前に、下記に掲げる確認が行えること)
    ・周囲の安全確認(第三者の立入の有無、風速・風向等の気象 等)
    ・燃料又はバッテリーの残量確認
    ・通信系統及び推進系統の作動確認

  • 遠隔操作の機体操作

    ・GPS等の機能を利用せず、安定した離陸及び着陸ができること
    ・GPS等の機能を利用せず、上昇一定位置、高度を維持したホバリング
    (回転翼機)ホバリング状態から機首の方向を90°回転(回転翼機)
    などの安定した飛行ができること



ドローンなどの無人航空機を飛行させる際は、飛行させる場所に関わらず、

下記の飛行ルールを遵守する必要があります。


ドローンなどの無人航空機を飛行させる際の飛行ルール

  • 日出から日没までの日中に飛行させること

  • 直接肉眼による目視範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること

  • 人又は建物や自動車などとの間に30m以上の距離を保って飛行させること

  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

  • 爆発物など危険物を輸送しないこと

  • 無人航空機から物を投下しないこと



ドローンやラジコン機等を飛行させる場合の努力義務に求められていることは、

下記の通りです。


ドローンやラジコン機等を飛行させる場合の努力義務

  • 原則、第三者の上空で無人航機を飛行させないことを求める

  • 人又 は家屋の密集している地域の上空や催場所の上空において飛行させる場合
    であっても、第三者の上空で無人航機を飛行させないことを求める

  • やむを得ず、第三者の上空で飛行させる場合には追加的な安全対策を求める

  • 安全確保のため、無人航空機を飛行させる者を補助する補助者の配置を求める

  • 無人航空機の安全な飛行体制が維持されるよう、飛行マニュアルの作成を求める



■許可に必要な書類


許可申請には、下記の書類が必要になります。

許可に必要な書類

  • 無人航空機の飛行に関する許可承認申請書

  • 無人航空機の機能・性能に関する基準適合確認書

  • 無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書

  • 飛行の経路についての地図

  • 無人航空機および操縦装置の仕様が分かる設計図又は写真

  • 無人航空機 の運用限界が記載された取扱説明書等の該当部分写し

  • 飛行マニュアル



■サービスの対応地域


弊所のドローン飛行許可承認申請のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


ドローン飛行許可承認申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原

徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽に

ご相談ください。