電気主任技術者選任許可申請代行


■サービス報酬

  • 電気主任技術者選任許可申請代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

    保安規定届出義務もあり、弊所でも、保安規定届出はご対応可能です。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■電気主任技術者選任許可とは

自家用電気工作物を新設する場合は、電気主任技術者を選任する必要があります。


そして、選任後に、所轄の産業保安監督部に申請する義務があります。


電気主任技術者選任許可申請が必要な場合は、電気主任技術者免状の交付を受けて

いない者を選任しようとする場合です。


申請書の提出先は、営業所の所在地を管轄する、経済産業省の産業保安監督部

になります。


自家用電気工作物を設置して、主任技術者を選任しなかった場合は、

電気事業法第118条に基づき、300万円以下の罰金に処されます。


■免状がない者が選任許可を受けようとする場合の許可基準

電気主任技術者免状がない者が選任許可を受けようとする場合の許可基準

は、下記の通りです。

許可基準

  • 最大電力500キロワット未満の許可基準

    選任される者が次のいずれかに該当する場合

    ・認定校となっている新制工業高等学校又はこれと同等以上の教育施設の
    電気科卒業の者

    ・第一種電気工事士試験に合格した者

    ・第一種電気工事士

    ・旧電気工事技術者検定規則による高圧電気工事技術者の検定に合格した者

    ・(社)日本電気協会又は(財)電気技術者試験センターが実施した高圧電気工事技術者試験に合格した者

    ・(社)日本電気技術者協会関西支部が実施した自家用電気工作物主任技術者技能認定試験に合格した者

  • 最大電力100キロワット未満の許可基準

    選任される者が次のいずれかに該当する場合。

    ・第二種電気工事士免状の交付を受けた者

    ・新制短期大学又は工業高等専門学校などの工学に関する学科において、
    一般電気工学に関する科目を修めて卒業した者

    ・その他、経済産業局長が知識及び技能を有すると認めた者



■許可申請に必要な書類

申請に必要な書類は、下記の通りです。

申請に必要な書類

  • 主任技術者選任許可申請書

  • 免状、卒業証明書、単位取得証明書等、資格を証明する書類の写し

  • 選任を必要とする者の電気工作物の工事、維持及び運用の保安に関する説明書

  • 主任技術者の選任を必要とする理由書

  • 主任技術者の所属が確認できる物



■サービスの対応地域

弊所の電気主任技術者選任許可申請のサポート地域は、基本的に、東京都、

千葉県、埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


電気主任技術者選任許可申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談

ください。