第3種郵便物認可申請代行


■第3種郵便物とは

第三種郵便物とは、 日本郵政が承認した、新聞、雑誌、情報誌などの定期刊行物

を対象とした、低額な料金で送付することができる郵便物のことです。


新聞、雑誌、情報誌などの定期刊行物を発行している出版社では、定期刊行物を発送

するために、日本郵政の郵送料の特別割り引き制度を利用していることが一般的です。


但し、この制度は、どのような定期刊行物でも割引対象になるのではありません。


日本郵政というと、民営化されているので、日本郵政という企業の約款において、

第3種郵便物の認可基準があると思われる方もいるでしょうが、その条件は、郵便法の

第23条にも規定されているので、国による規定が存在しています。


この第三種郵便物の承認条件は、郵便法、郵便法施行規則、日本郵便の内国郵便約款

に規定されており、その主な項目は、下記の通りです。

第三種郵便物の承認条件

  • 毎年4回以上の回数で、号を追って定期的に発行する郵便物であること。

  • 掲載事項の性質上発行の終期を予定し得ないものであること。

  • 政治、経済、文化その他公共的な事項を報道し、又は論議することを目的とし、
    あまねく発売されるものであること。



発行条件を満たさない、主な定期刊行物の例は下記の通りです。

発行条件を満たさない定期刊行物

  • 会報、会誌、社報、各種団体が発行し、その団体か団体の構成員
    の消息、意見の交換等を主な内容とする場合

  • 全体の印刷部分に占める広告割合が50%を超える場合

  • 1回の発行部数が500部に満たない場合

  • 1回の発行部数に占める発売部数の割合が80%に満たない場合

  • 定価を設定していない場合



■サービスの対応地域

弊所の第3種郵便物認可申請代行のサポート地域は、基本的に、東京23区限定

ですが、東京都のその他の地域、千葉県、埼玉県、 神奈川県、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


サービス名称 報酬金額及び備考
第3種郵便物認可
申請代行報酬

報酬200,000円(税別)



第3種郵便物認可を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所に お気軽にご相談

くださいませ。