第二種動物取扱業届出代行


■サービス報酬

  • 第二種動物取扱業届出代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



■第二種動物取扱業とは

第二種動物取扱業とは、第一種動物取扱業のような営利性がない、動物愛護団体の

シェルターや公園等で非営利展示などが該当します。


対象の動物は、哺乳類、鳥類、爬虫類であり、実験動物や産業動物は、

除外されています。


動物の飼養施設には、逸走の防止、清潔な飼養環境、騒音の防止等に必要な設備を

設けることが義務づけられています。


■第二種動物取扱業の届出対象となる動物種類などの目安

対象となる動物の種類と頭数の目安は下記の通りです。

対象となる動物の種類と頭数の目安

種別 大型(3頭以上) 中型(10頭以上) 小型(50頭以上)
哺乳類  ウシ、シカ、ウマ、ロバ、イノシシ、ブタ、ヒツジ、ヤギ等 イヌ、ネコ、タヌキ、キツネ、ウサギ等 ネズミ、リス等
鳥類 ダチョウ、ツル、クジャク、フラミンゴ、大型猛禽類等 アヒル、ニワトリ、ガチョウ、キジ等 ハト、インコ、オシドリ等
爬虫類 特定動物 ヘビ、イグアナ、海ガメ等 ヘビ、ヤモリ等


第二種動物取扱業の業種

種別 業種内容 該当業者例
譲渡し 非営利での譲渡活動等 動物愛護団体等
保管 非営利で動物を預かる 動物を預かり飼養する動物愛護団体等
貸出 非営利で動物を貸出す業 盲導犬等の貸出しを行う団体等
訓練 非営利で動物を預かり訓練を行う 盲導犬等の訓練を行う団体等
展示 非営利で動物を見せる 公園展示等




第二種動物取扱業に該当するかどうかのチェックポイントは下記の通りです。

第二種動物取扱業に該当するかどうかのチェックポイント

  • 飼養施設があること

  • 営利性がないこと

  • 一定数以上の動物を取扱うこと



■届出に必要な書類


届出に必要な書類の内容は下記の通りです。

届出必要書類

  • 第二種動物取扱業届出書

  • 第二種動物取扱業の実施の方法

  • 賃貸借契約書などの権原を証明する書類

  • 飼養施設の平面図

  • 飼養施設の付近の見取図

  • 登記事項証明書



■サービスの対応地域

弊所の第二種動物取扱業届出のサポート地域は、基本的に、東京都、千葉県、

埼玉県、 神奈川県とさせて頂いておりますが、その他の道府県の方も、当事務所に

ご相談くださいませ。


第二種動物取扱業届出を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩

1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所に お気軽に

ご相談ください。