第二種特定化学物質輸入予定数量等届出代行


■サービス報酬

  • 第二種特定化学物質輸入予定数量等届出代行報酬

    ・報酬はお問い合わせください。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。

  • 許認可申請不許可時に、不服申立代理ができるのは、特定行政書士のみです。



第二種特定化学物質とは


第二種特定化学物質とは、下記の各号のいずれかに該当し、かつ、その有する性状及び

その製造、使用等の状況からみて相当広範な地域の環境において当該化学物質が相当

程度残留しているか、又は近くその状況に至ることが確実であると見込まれることに

より、人の健康に係る被害又は生活環境動植物の生息若しくは生育に係る被害を生ずる

おそれがあると認められる化学物質で政令で定めるものです。


第二種特定化学物質の要件

  • 下記のいずれかに該当するものであること

    ・継続的に摂取される場合には人の健康を損なうおそれがあるものであること
    ・当該化学物質が自然的作用による化学的変化を生じやすいものである場合には、自然的作用による化学的変化により生成する化学物質が上記に該当するものであること

  • 下記のいずれかに該当するものであること

    ・継続的に摂取され、又はこれにさらされる場合には生活環境動植物の生息又は生育に支障を及ぼすおそれがあるものであること
    ・当該化学物質が自然的作用による化学的変化を生じやすいものである場合には、自然的作用による化学的変化により生成する化学物質が上記に該当するものであること



第二種特定化学物質を輸入する場合は、毎年度、当該第二種特定化学物質の輸入予定数量

その他経済産業省令で定める事項を経済産業大臣に届け出る必要があります。


手続根拠法は、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律第35条第1項です。


なお、試験研究のため、第二種特定化学物質を輸入するときは、届出は不要です。


■届出に必要な書類


届出に必要な書類は、下記の通りです。


届出に必要な書類

  • 第二種特定化学物質輸入予定数量等届出書

  • 第二種特定化学物質使用計画

  • 第二種特定化学物質又は第二種特定化学物質使用製品の名称

  • 第二種特定化学物質又は第二種特定化学物質使用製品の出荷予定数量

  • 第二種特定化学物質又は第二種特定化学物質使用製品を輸入しようとする場合にあつてはその第二種特定化学物質又は第二種特定化学物質使用製品が輸入される国名又は地域名



■サービスの対応地域


弊所の第二種特定化学物質輸入予定数量等届出のサポート地域は、東京都、千葉県、

埼玉県、 神奈川県だけでなく、全国対応とさせて頂いておりますので、その他の道府県

の方も、 当事務所にご相談くださいませ。


第二種特定化学物質輸入予定数量等届出を検討されているお客様は、

東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分の場所に士業ビジネスの拠点を置く、

行政書士 緒方法務事務所にお気軽にご相談ください。